実録!看護師からみた困った患者達の実態

実際に働いている看護師の皆さんからみた「困った患者さん」の実態についてまとめます。

FC2USER085013EZY さん

1072 PV

▼以下、カテゴリ別に困った患者さんを挙げていきます

①全くいうことを聞いてくれない患者さん

全くいうことを聞いてくれない患者さんがいるようです。

困ったもんです。

すぐに怒る人がたまにいる。ナースコールがなって少しでも待たせてしまうと、「来るのが遅い」と怒り、検温すれば「昨日より血圧が高い。やり方がおかしいんじゃないか」と怒り、「病院の食事がまずい」と怒り、「病室からの景色が悪い」と怒る

ルールを無視した行動をする人がいる。一番多いのが隠れて喫煙。今はどこの病院も院内禁煙になっているが、トイレや浴室などで喫煙して平気な顔をしている人が意外に多い

「行きつけの美容院から美容師呼んでカットしてもらっていいかしら?」と言ってきた患者さんがいる。「あの~、ここは病院なんですけど…。あなたは何しに来てるんですか?」と言いたかった

②ナースコールが頻回という患者さんも・・・

きちんとした理由があればいいですが、中にはひどい理由でナースコールを鳴らす場合も・・・。

2~3分おきのナースコールは非常に困ってしまう。ナースコールがなるたびに看護師は今やっていることを中断して患者さんの元へ行くわけだから、結局医療ミスの元になる

ご飯は出てくる、ボタンを押せば若い看護師が駆け付けてくれる、掃除はしなくていいし、こんなイイトコロはない♪ と、退院を拒む患者さん。

③とにかく非常識

とにかく非常識な行動を取る方が多いようです。

点滴を早く終わらせたいからと、勝手に点滴を全開にして落とす患者さん。看護師のミスということで、インシデントレポートを書くはめになりました

「これくらいタダでやってくれてもいいだろう」というとんでもない自己中心的な考え方から、保険証もお金も出さずに血圧や体温の測定を強く求めるようなケースもあります

・お酒持ち込み、夜間脱走、そしてタクシー代は病院に請求。

④暴力やわがままも困ります

暴力は人間として最低の行為です。

暴力をふるう患者さん。全員にではなく、優しいナースだけがターゲットになっていました。

診療に納得せず、検査や治療を拒否するといった行為により、医師は思うように診療できなかったり、説得に多くの時間や労力を奪われたりする。

入院患者さんが、食べ物の好き嫌いがとても痛くて困りました。栄養をつけるためにしっかりと食べなければいけないのに、好き嫌いがひどいので全然病院の食事を食べてくれない

テレビやインターネットなどから入手した医療情報に絶大な信頼を置き、医師がそれとは異なる治療方針を示すと反論したり、従わなかったりする患者が特に増えてきている

⑤甘えん坊さんも多いようです

甘えたい気持ちも分かりますが・・・。

自分を特別扱いしてほしい患者さんです。デパートの顧客のようにしばらく通えば自分がクリニックに貢献していると思い、飛びこみでの検査、ほかの患者さんを抜かしての診察、検査や治療の拒否などの問題行動を起こします

とにかくかまってほしい患者さんです。性格がしつこく、話が長い患者さんは、患者さんの多いクリニックでは話を聞いてもらえないので新規開業のクリニックに好んで訪れます

⑥そして定番のセクハラ患者

これは言語道断!絶対に許してはなりません。

おじさんに二の腕もまれたときはぞわぞわした。 なんか微妙な場所は注意しにくいですよね

70代か?の患者さんの清拭をしていて、陰部を拭くように強制され、拒んだら暴力をふるわれた、というのがありました

夜勤中の巡回で、患者さんに腕つかまれて布団なか入りーって誘われた。ぞわっとしましたね。夜間はより気持ちわるい…

  • 1
  • 2
PR