【まとめ】意味がわかると怖い話【その3】

2ちゃんねるでの怖い話。その中で意味がわかると怖い話しを集めてみた。その3

NONAME2013 さん

195 PV

どこか遠い場所の、あなたの知らない人

114 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 01:24:37 ID:sOXuqRiR0
ある男の所に、見知らぬ紳士が箱を持ってやってきた。
その箱にはボタンが付いていて、それ以外には何も仕掛けらしきものは見あたらなかった。
その紳士は穏やかな口調で男に言った。
「あなたがこのボタンを押すと、どこか遠い場所で、あなたの知らない人が死にます。
 そのかわり、このボタンを押して頂けましたら、あなたに100万ドルを現金で差し上げましょう」
そう言うと、紳士はボストンバックを開き、中に詰め込まれた札束を見せた。
男が躊躇うと、紳士は3日後に箱を取りに来るから、それまでに決心して欲しいと言って去っていった。

男は悩んだが、誰も知らない人間なのだからと、最後の日にボタンを押した。

翌日、紳士が現れ、男に礼を言って100万ドルと引き替えに箱を回収した。
紳士が会釈して去ろうとしたとき、男は紳士に尋ねた。
「本当に人が死んだのか?」
すると紳士は答えた。
「はい。確かに昨晩、遠い場所で、あなたの知らない人が死にました」
男は良心が痛んだが、目の前の札束を見て自分を納得させた。
「もう一つ教えてくれ」
「はい、何でございますか?」
「その箱はどうするんだ?」
すると紳士は微笑んで言った。
「どこか遠い場所の、あなたの知らない人に届けます」

















117 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 01:29:18 ID:TeSDVH/r0
>>114
地味に怖っ!
まさに因果応報だね。


120 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 01:34:09 ID:j●●lvhK40
核兵器の暗喩にも読めて不気味だね。

268 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:15:14 ID:8fYbrRTc0
俺が小学生の時の話。

ちょっとした奇妙な遊びが流行っていた。
その名も『儀式ごっこ』。
暗闇の中、机に火のついた蝋燭と鈴を置き、4人でその机を囲んで手をつないで輪になり、
目を閉じて、死んだ人の名前を心の中で何度も呼び続けると、
霊がそれに答えて鈴をならす。
という、ちょっとした降霊術だった。

俺と仲間の3人は、一ヶ月前に事故で死んだクラスメイトのTの名前を使って、
『儀式ごっこ』をする事にした。

夜の学校に集まり、Tが使用してた机に、火を灯した蝋燭と鈴を置き手を取り合った。
準備は整った。
「じゃー電気消すよ」
真っ暗になった教室を、蝋燭の火がわずかに照らす。
俺は目を閉じてTの名を呼び続けた。
鈴の音はしなかったが、だんだん怖くなってきた。
気のせいか、仲間が強く俺の手を握ってきた。
みんな怖いのだろう。
二重の暗闇が怖くて、目を開けたくて仕方なかった。
けれど、もしTの幽霊がいたら・・・

結局、儀式はわずか3分で終了した。
何かあってからでは遅いし・・・
俺達とTはそんなに親しくなかったから、話すことも何もなかったし・・・

後日、その日の事が担任の先生にばれて、めちゃくちゃ怒られた。
『儀式ごっこ』は禁止となった。







314 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 10:08:44 ID:ZXIGkeK7O
>>268誰か解説して。それともそのまんま?


315 :雲 ◆p3TR/BAfFw:2007/07/13(金) 10:19:15 ID:kGpCtSYS0
>>314
俺も意味が分からなかったので、今読み直してみて思ったのは、
>手を取り合った、準備は整った「じゃー電気消すよ」
誰が電気消したの? 皆、手を繋いでるのに……
じゃないかなぁと思った……

407 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 21:38:32 ID:XnGAVDiN0
妻を殺した。
よみがえるのが怖くて、執拗に首を絞めて確実に殺した。
郊外の竹やぶに遺体を運び、深く掘って、入念に埋めた。
家に戻ってからも、震えは止まらなかった。
今にも泥だらけの妻が、玄関をノックしてきそうだった。

翌日の夜、恐怖に耐えられず確かめに行った。
再び車を遠く遠く走らせ、竹やぶにたどり着いた。
昨日と変わらぬ光景を見て、少しでも安心する気だった。

…なんということだ。
生い茂る竹やぶの中で、妻が折れた首をかしげながら、
こちらを見つめてまっすぐに立っているではないか。
俺は悲鳴を上げて逃げ出した。
ただただ恐怖に震え、闇雲に車を走らせながら、妻に許しを請うていた。

しかし、妻は追いかけてはこなかった。
驚いたことに、事件として報じられることもなかった。
あれはいったい何だったんだろう…。やはり幻覚か…?

それから、長い月日が経って、俺はやっと気がついた。
あれは孟宗竹のイタズラだったんだ。
今ごろ妻は、はるか頭上で骨となって揺れているのだろう。












758 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 01:44:12 ID:XdrbiHAJO
>>407
俺は何にきづいたの?わからん。昨日の今日で竹ってそんなにのびるのかな
わかないー誰か解説頼む。


761 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 01:52:22 ID:nXimxhcg0
>>758
竹は、一日で数十cmから一メートルくらい伸びる
「俺」は前の日に埋めて次の日の夜見に行ってるから、
埋めてから一日~一日半くらい経っていると思われる
殺された奥さんの身長が平均的な成人女性の身長(160cmくらいか?)なら
ありえない話でもないんじゃないか

  • 1
PR