中国と対峙するベトナム軍の新鋭兵器

ベトナム軍というと根性はある!!  でもお安いんでしょう?

ところが最近は新型が増えてます

燃え萌えモエ さん

15274 PV

出典 YouTube

ベトナム軍の魅力がギュっとつまった動画です
おそらくベトナム政府公認のプロパガンダプロモだと思います
英語のキャプションとかつくともっといいと思います あと戦車がT-55なのがご愛嬌W
後半の格闘訓練でヘッドシザーステイクダウンを使っていて
ルチャ好きの管理人にとって大満足ですW

空のスホイSu-30MK2V 

まず航空戦力の近代化として、ベトナム空軍は
ロシアからスホイ27戦闘機を12機
さらにより強力なスホイSu-30MK2V(Vはベトナム仕様)
2015年度までに32機を保有することになります

Su-30MK2はSu-27戦闘機の改良型で
インドなどが主力として導入したSu-30MK1が
カナードや推力変更ノズルなど空対空戦闘重視型なのに対して

カナードなどを廃してKh-59などの空対艦ミサイル
運用可能した対艦攻撃能力向上型ということです

本来のライバルは米海軍のF/A-18スーパーホーネットですが
もっとも皮肉なことは このSu-30MK2は元は中国の
リクエストに応じてロシアが作ったという点です

もしベトナムと中国が本当に戦争に突入すると
同型機同士が激突する戦史史上でも稀有な
事態になるかもしれません

海のキロ636型潜水艦

キロ636型は最新のディーゼル機関の潜水艦で
これまでの型より騒音が1/2になっており さらに
新型MGK-400EM統合ソナーから得た情報を
高速のコンピュータで統合処理、オートのFCSと魚雷装填システムに
より10分内で六門の魚雷一斉発射が可能という高性能艦です

ゲパルト3.9(ベトナム仕様の警備艦という意味)
は小粒ながら 近代兵装はひととり揃っており
4K33 オサーM (SA-N-4) 短SAM による防御と
3M24 (SS-N-25) SSM ハープーンスキィによる
攻撃ができます

ベトナムビデオ 後半に登場するのが制式名称
3M54クラブ(Klub/Club)という大型の対艦ミサイルです
NATO名 シズラー
このクラブは、亜音速対艦巡航ミサイルに、超音速ミサイルを
追加したユニークな特徴を持つ3段式ミサイルです

陸のタボール IWIの火器で訓練するベトナム軍


あまり知られてないんですが イスラエルがかなりベトナムに
力をいれていてIWI (Israeli Weapons Industry) の現地工場を
1億ドルをかけて作ったり、インストラクターもかってでているようです
現在では 米軍以上に地上戦の経験があるイスラエルと
元ベトコンのコンビは まさに最強タッグともいえるでしょう 

銃身長の短かいブルパップに
M203をつけたちょっと無理するな的
デザインですがOK!


以上 駆け足でベトナム軍の近代化について見てきました
泥沼でベトナムと戦うのはどこの軍にとっても悪夢でしょう
中国も大兵に奢っていると必ず足元をすくわれるでしょうね

【やれんのかっ!】米巡洋艦と中国艦 450Mでにらみ合い【こいやっ!】

カウペンス (USS Cowpens, CG-63)

アメリカ海軍のミサイル巡洋艦。
タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の17番艦。
艦名はアメリカ独立戦争における
カウペンスの戦いに因む。
2003年、イラク戦争でイラク領内へ
攻撃を行った
最初のアメリカ海軍艦艇であった。

  • 1