【ブラックハット】官公庁ドメインがSEO業者の標的になりやすい3つの理由

某シンポジウムの開催を案内するバナーをクリックすると出会い系サイトが開いてしまうという事態となっていた(管轄行政機関によって対処済み)。

スタートライン2ed さん

23 PV

2012年衆院選落選候補の元公式サイトが順調にSEO業者等のサテライトサイトに化けつつある

サテライトサイトとは?

Googleは検索順位を決める際に「質の高いサイトからリンクしてもらっている数」を考慮する。

1.サイトを量産する
2.そのサイト群から本命サイトへ自作自演でリンクする

ここから本題。

政治家や官公庁関連のドメインは、SEO業者からすると狙い目の中古ドメインです。


1.当初の役割を終えた後は放置され、契約期限切れを持ってリリースされやすいこと

2.大抵は良質な自然リンクを獲得していること

3.官公庁所有のドメインは「期限切れによるリリース日」の事前予測が可能なため、早期に奪取のための事前計画準備が可能であり、したがって奪取成功後にGoogleを容易に騙すことができる

官公庁ドメインは、簡単に検索結果で上位に表示させたい人にとって格好のターゲットなのです。

  • 1