【動画アリ】トラとライオンのハーフ『ライガー』

虎とライオンのハーフ「ライガー」をご紹介します。

FC2USER903128XLS さん

345 PV

ライガーとは

ライガー(Liger)は父がライオンで母がトラの雑種動物である。

現在の野生下においてライオンとトラの生息地は主にアジアとアフリカに分断されており、例外としてインドのギール野生生物保護区が両種が共生する地域として存在するが、野生においての交雑は現時点で確認されていない。

現在の野生下においてライオンとトラの生息地は主にアジアとアフリカに分断されており、例外としてインドのギール野生生物保護区が両種が共生する地域として存在するが、野生においての交雑は現時点で確認されていない。

ライオンと虎の交配種「ライガー」は珍しさよりも見た目のインパクトが凄まじい

ロバ(父)+ 馬(母)=ラバは知ってる人も多いでしょうが、

ライオン(父)+ タイガー(母)=ライガー というそのまんまな名前の異種間の雑種・交配種がいます。

このライガー、単純に交配種としても物珍しいですが、以下の画像を見ればわかりますが、見た目にもの凄いインパクトがあるんです…

とにかく大きい、それもそのはずライオンや虎の体長が1.5~2.5m 程度、体重が200~300kg程度なのに対して、ライガーは足を伸ばした体長が最大12フィート(約3.56m)、体重 450~600kgにもなる

どちらかというとライオン側の遺伝が強く出るようで、現在世界中に一握りほどしかいません。いまだ正式な学名もないほどの動物で、単にライガーと呼ばれています。

オスのライガーは生殖機能を持たず、メスにはありますが、さらに生まれた子は生殖機能を持たないため、繁殖していかない

ライガーは縞模様と斑点を持つ巨大なライオンの姿をしており、ほとんどの場合、縞模様は背中や後ろ足にまたがり、斑点は腹部や顔に見られます

通常は虎のように息を漏らすような声をだしますが、吠え声はライオンそのものだそうです。ライガーは非常に美しい動物ではありますが、異種交配するというのはやはり動物には優しいものではなく、病弱がちな子が生まれやすく、早くに死んでしまうケースが少なくありません。

通常は虎のように息を漏らすような声をだしますが、吠え声はライオンそのものだそうです。ライガーは非常に美しい動物ではありますが、異種交配するというのはやはり動物には優しいものではなく、病弱がちな子が生まれやすく、早くに死んでしまうケースが少なくありません。

ちなみにライオンのメスと虎のオスの組み合わせのタイゴンは、ライガーほど大きくなく、現在は中国で数少ないながら交配されているほかは、こちらも数が少なくなっていってます。

タイゴンの赤ちゃん

ライガーの動画

  • 1