東芝が8型タブレット「dynabook Tab VT484」シリーズを11月22日発売

tarepanaa さん

77 PV

dynabook Tab VT484シリーズ

本体カラーはライトゴールドのみ

CPUがIntel Atom Z3740 (1.33GHz)、メモリがLPDDR3-1066 2GB、グラフィックスがIntel HD Graphics (CPU内蔵)、ディスプレイが8型液晶(1,280×800ドット)。バッテリ駆動時間は約11時間。サイズはW135.9×D213.0×H10.7mm、重量は約445g。

通信機能はIEEE802.11a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0。インタフェースはmicro USB 2.0×1、micro HDMI出力、ヘッドホン出力、micro SDカードスロット。前面200万画素・背面800万画素のカメラを装備する。本体カラーはライトゴールドのみ。

ストレージのフラッシュメモリ容量はモデルにより32GBもしくは64GB。さらに付属ソフトの違いにより、下記3モデルのラインナップとなる。ホワイトボードに書かれたメモや紙の資料を、撮影後に補正・整形するソフト「TruCapture」が全モデルに付属する。

dynabook Tab VT484/26K

「VT484/26K」のフラッシュメモリ容量は64GB。ソフトはMicrosoft Office Home and Business 2013やCorel Video Studio、Paint Shop Pro、同社製レコーダーのREGZAと連携するRZ Suite Expressなどが付属する。発売は11月22日で、店頭予想価格は65,000円前後。

dynabook Tab VT484/23K

「VT484/23K」のフラッシュメモリ容量は32GB。ソフトはMicrosoft Office Home and Business 2013などが付属する。発売は12月下旬で、店頭予想価格は60,000円前後。

dynabook Tab VT484/22K

「VT484/23K」のフラッシュメモリ容量は32GB。ソフトはMicrosoft Office Personal 2013などが付属する。発売は12月下旬で、店頭予想価格は53,000円前後

  • 1
PR