【情報】『新聞』というメディアのメリット・デメリット

新聞というメディアのメリット・デメリットについてまとめます。

FC2USER903128XLS さん

2630 PV

社会の出来事について事実や解説を広く伝える定期刊行物。一般に、日刊で社会全般のことを扱うものをいうが、週刊・旬刊・月刊のもの、経済・スポーツなど特定の分野だけを扱うものもある

日本で新聞と名の付く最初のものは1862年の「官板バタビヤ新聞」だが、現在のような体裁をもつ日刊紙としては1870年「横浜毎日新聞」の発行が最初である。

その新聞のメリットとは

紙だと読んでいて目も疲れないですし、あの「新聞の匂い」はクセになる

自分が興味を持っていない部分も俯瞰的に読むことができる

新聞紙自体にけっこう色々用途がある(窓ふき、虫よけの敷物、緩衝剤など)

新規契約や契約更新でプレゼントをもらえる

新聞はインターネットのニュースと違って、そこに残るので、改めて読み返したりすることが出来る

新聞の良いと思う点は、信頼の置ける情報、正しい情報が掲載されていることです。インターネットの情報は玉石混合で、自分で情報の真偽を確かめる必要がある

隅々まで読むことで、今の日本がどのような問題を抱えているのか、対策をとっているのかなど、時間をかけて理解できることも魅力

流行の商品や悩み相談などの、普段の生活に役立ちそうな記事もあるので、読んでいて飽きない

ネットなどで情報を集めようとすると、どうしても自分の興味のあることや関係のあることにしか目が向かず視野が狭くなりがちですが、新聞は見出しを見ただけである程度どのようなことが世間で問題になっているのが、自分にとって特に関心がない情報も拾えるところがよい

逆にデメリットとは

新聞は月額料がかかるし、古新聞を古紙回収に出すのが面倒

検索ができない

カラーじゃない

暗いところでは読めない

自分にとって必要のない情報も多い

古新聞の処分が大変

サイズが大きくて読みにくい

昔は古新聞はトイレットペーパーなどに交換してもらえましたが、今は交換どころか、廃品回収に来てもらわねばならなくなっていて、無駄な紙の使用

新聞の良くない点は、速報性に乏しい所です。新聞には締切と配達時間が存在するので、情報のスピードではインターネットに敵いません

より多くの情報を盛り込もうとすると紙面を大きくするか沢山の紙を使うかしなければなりません。広げると邪魔になることがありますし、綴じられていないためページが多くなるとバラバラになりがち

  • 1