《大阪府警》手続きミスで逮捕と釈放を2回繰り返す

アレこれまとめ さん

78 PV

 大阪府警が、薬事法違反の容疑者3人について、逮捕状を請求する書類に記載ミスを繰り返し、逮捕と釈放を2度行っていたことがわかった。

 大阪府警生活環境課は今月、偽物のバイアグラを販売した疑いで、大阪市の通信販売業の男ら3人を逮捕した。その後、逮捕状を請求する書類に犯行日を誤って記載し、事実と異なった逮捕状が執行されたことが判明、大阪府警は17日、3人をいったん釈放した後に、新たに逮捕状を請求し、再逮捕した。

 ところが、この際にも、保釈申請がされていない2人について「保釈申請が出ているため、逮捕が必要」とする誤った内容で逮捕状を請求していたことが発覚し、大阪地検が18日未明に再び3人を釈放した。

 大阪府警は「保釈申請がされている1人の請求書類を基に残り2人の書類を作成し、内容を書き換えるのを忘れていた」と説明し、「今後適正な捜査管理に努める」としている。

  • 1