【ESTA申請】アメリカ渡航に必要なエスタ 申請代行会社の料金比較

ESTA アメリカ合衆国CBPに自分で申請するのが不安・万が一間違った場合のサポートがないと・ネットはあまりよくわからないなどというときに役立つESTAを代行で申請してくれるサイトESTA エスタ代行申請はどこの旅行会社も行っておりますが、料金を比較したサイトがないのでネット上からまとめたものを記載します。
下記、ESTA申請代行サイトは実績のある詐欺もない安全な代行サイトです。

umai さん

1108 PV

ESTA アメリカ合衆国CBPに自分で申請するのが不安・万が一間違った場合のサポートがないと・ネットはあまりよくわからないなどというときに役立つESTAを代行で申請してくれるサイトESTA エスタ代行申請はどこの旅行会社も行っておりますが、料金を比較したサイトがないのでネット上からまとめたものを記載します。
下記、ESTA申請代行サイトは実績のある詐欺もない安全な代行サイトです。

高いところで1件10000円・20000円の大手旅行会社もありますが、
現在の大手代行サイトの相場は5,000円~8,000円が主流のようです。
値段を分散して記載している会社もあるため、 登録・米国費用支払・確認の3項目を
含んだ公平性のある価格で比較。

主要大手旅行代理店 ESTA代行申請費用一覧 2013年最新版

郵船トラベル http://www.ytk.co.jp 2,1000円
日通ペリカントラベルネットhttp://www.pelican-travel.net/  12,000円~
近畿日本ツーリスト http://www.knt.co.jp/ 7,350円
株式会社農協観光JA http://www.ntour.jp/ 8,400円
阪急交通社 http://www.hankyu-travel.com/ 約6,650円(5,250円に加えて14米ドル)
HIS 登録代行料金 http://www.his-j.com/ 6,300円
ESTA ASIA http://esta.asia/ 5,900円
㈱新国際観光  http://skk-m.com/ 8,400円
読売旅行 http://www.yomiuri-ryokou.co.jp/ 約5,600円(4,200円に加えて14米ドル)
てぐり行政書士事務所  約7,200円(5,800円に加えて14米ドル)
三菱電機メルコトラベル 6,650円
ESTARVISA 7,300円
地球の歩き方 http://www.arukikata.co.jp/ 6,000円
ESTA VISIT USA 7400円
札幌パスポート代行申請センター 約7,200円(5,800円に加えて14米ドル)
http://esta.bz/  6,195円
ESTA APPLY SERVICE 7,400円
トラベルネットスタジオ 約6,650円(5,250円に加えて14米ドル)
てるみくらぶ http://www.tellmeclub.com/ 5,000円
APPLY ESTA(class one inc)7300円
三喜トラベルサービス株式会社 http://www.icic.co.jp/ 8,000円
各種航空会社  5,000円~7,000円
ESTATOUR.com 7,000円
ESTA ASIA http://esta.asia/ 5,900円
ESTA ONLINE CENTER 6,825円
行政書士・司法書士  5,000円~8,000円
株式会社業務渡航センター 6,300円
アメリカン・キャリア・エクスチェンジ 約6,650円(5,250円に加えて14米ドル)
ハーレーダビットソン 5,500円 http://www.harley-davidson.co.jp/event/110_milwaukee_tour/pdf/ApplicationRequirements.pdf
American Career Exchange 約6,650円(5,250円に加えて14米ドル)
フェニックスツアー 6、640円
行政書士櫻井正明 7,000円
   ※ 1ドルの換算レートは2013年春平均水準の100円で計算しております。

急ぎのESTA申請は大手サイトより中小で依頼が○

大手旅行会社は作業日数が数営業日かかる場合が多いです。
中小で行っている方がサポートメント営業時間面などでのメリットが
多く、当日申請完了してくれるサイトなどもあります。
比較の際に参考にしてください。

その他サイト

その他にもいろいろなサイトがありますが、上記サイトはESTA申請の取り扱い数は上記の会社で代行申請の90%はカバーしています。
不慣れなサイトへエスタ申請代行依頼した場合、日数や経験の少なさからの間違えを誘発しかねません。
上記会社へ代理申請を依頼するのがベストです。

過去に犯罪歴がある方や複雑な事情・二重国籍など相談しながら申請したい場合は旅行代理店では人による知識の差が非常に出やすいです。この場合はビザやESTAを専門に代行を行っている移民弁護士・国際弁護士・ESTA専門会社へ相談されるのがベストです。

また、ESTAは申請内容を間違えた場合、項目によってですが修正するにはアメリカ合衆国へ英語で電話かかける必要や英文の書類提出が必要になる場合があります。これらの理由からなにか事情や特に不安な方は経験豊かな会社を選ぶのがベストです。

  • 1
PR