稲盛和夫の名言/格言まとめ

稲盛和夫の名言をまとめました。

FC2USER903128XLS さん

157 PV

稲盛和夫氏とは

稲盛和夫、いなもり・かずお。日本の経営者。京セラ・第二電電(現KDDI)・携帯電話会社AUなどの会社を立ち上げ軌道に乗せる。鹿児島出身。鹿児島大学工学部卒。技術者でありながら会計に明るく、堅実な事業展開を行う。事業だけにとどまらず盛和塾という私塾を主催、後進の経営者育成を行っている。京セラの会計についての著書「実学」がベストセラーとなった。

仕事について

もうダメだというときが仕事の始まり。

他人に良かれと動き、仲間のために汗をかくとき、売上は爆発的に伸びる。

小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり。
大義を背負ったときに、人間は一番強くなれる。

リーダーの行為、態度、姿勢は、それが善であれ悪であれ、本人一人にとどまらず、集団全体に野火のように拡散する。集団、それはリーダーを映す鏡なのである。

あらゆる事象は心の反映である。したがって純粋な心でひたすら念じ続ければ、たいがいのことは成就する。

人を動かす原動力は、ただ一つ、公平無私ということだ。天賦の才を決して私物化してはならない。むしろ、謙虚に、集団のためにその才能を使うべきなのだ。誰かと議論を行う際は、初めに相手の立場を考え、相手を思いやることのできる心の余裕が必要だ。そうすれば、互いの相違を乗り越えた、本当に建設的な議論ができる。

ビジネスを成功させるためには、夢を抱いてその夢に酔うと言うことがまず必要だ。夢に酔っていればこそ、それを実現させる情熱が湧いてくる。もちろん、 実際に事業に着手したら、理性的に判断し、リスクを未然に防ぎ、具体的な方策について考え尽くし、仕事を成功に導くようにしなければならない。

不運なら、運不運を忘れるほど仕事に熱中してみなさい。

  • 1
PR