Beats Electronicsがオーバーイヤーヘッドホン2モデルを発売

tarepanaa さん

34 PV

推定市場価格 New beats studioが31,500円前後、New beats tourが15,800円前後

New beats studioは、アクティブ・ノイズ・キャンセレーション機構を搭載した密閉型ヘッドホン

ノイズ・キャンセレーション機構は、音楽再生時には音質を損なわずに周囲のノイズを低減するが、ヘッドホンケーブルを抜いた場合は最大動作で静寂な空間を作り出す。

新モデルでは、合理的で流線的なスタイルと快適なフィット性を追求。軽量ながら耐久性を持った柔軟な素材を採用し、スムーズな曲線を表現するために、使用されているネジは、表面から見えないようにすべて隠されている。また、頭の形状の違いに柔軟に対応してユーザーにフィットさせるシングル・フローティング・ピヴォット機構も採用されている。

電源はリチウムイオン充電池で、フル充電の場合、約20時間の連続再生が可能だ。ケーブルは3-button mic ケーブルとストレートケーブルの2種類が付属しており、長さはいずれも約1.3m。ケーブルを除いた質量は約270gとなっている。

New beats tourは、コンパクトなインナーイヤー型ヘッドホン

従来モデルより音響性能とフィット感が向上している。コンパクトだが、大音量にも耐えるレンジの広いサウンドが特徴だ。4サイズのイヤーチップと、3サイズのウイングチップが付属しており、耳穴の形や大きさに応じて選択することできる。

ケーブルは絡みにくいフラットタイプで、長さは1.3m。インラインマイクが装備されており、スマートフォンでのハンズフリー通話が可能だ。質量は約16gとなっている。

今回の発表に合わせてurbeatsの新色「ピンク」も発売されている

新色は、アメリカのポップアイコン、ニッキ―・ミナージュのシグネチャ―・モデル。ハウジングだけでなく、ケーブルやイヤーチップにもピンクカラーが採用されている。音響特性や機能は既存モデルと同一だ。価格はオープンで推定市場価格は10,800円前後。

なお、3製品とも完実電気の取り扱いとなる。

  • 1