【BF3】バトルフィールド3の武器【PS3】

PS3版バトルフィールド3の武器と装備のまとめです。

FC2USER070157RFD さん

1553 PV

M224 60mm迫撃砲は砲弾やスモーク弾を発射し、間接的な位置から制圧射撃や煙幕を張ることが可能。

設置可能な医療キットで、付近の兵士を徐々に回復させる。戦闘中の自動回復よりも迅速に兵士を回復できる。

適切な医療訓練を受けた突撃兵が自動体外式除細動器(AED)を使えば、明らかに死亡したと思われる兵士であっても、一定時間内であれば蘇生させることができる。

M18Aクレイモアは、前方の動きを感知して爆発する指向性の対人地雷である。ただし地雷の前をゆっくり進むことで安全に通過できる。

AN-PRC-117F無線機を使うと、分隊が偵察兵の場所ではなく、無線機の場所から復活できる。戦術パラシュート降下も可能。

MAV

遠隔操作型の小型航空機。航空偵察用に、モーションセンサーとIRNV機能付カメラのパッケージを装備している。

遠隔操作で起爆するコンポジション4(C4)爆薬パックは、援護兵に対物、対車両、対人攻撃能力を与える。

設置可能な弾薬箱は、近くにいる兵士の弾薬を補充する。ただし、爆薬やグレネードなどは通常のマガジンよりも補給に時間が掛かる。

M15は、ちょう鮮戦争で初めて投入された対車両地雷。低速で地雷の上を通過する装甲車両を走行不能に陥らせるか破壊する。

標準的な防御用グレネード。M67は3.5秒の信管を備え、平均的な兵士であれば30メートルほど投げることができる。ただし現代型のボディアーマーを着た目標に対しては、殺傷能力は限られる。

手持ち式の酸素溶接・切断トーチ。エンジニアが使用すれば、味方車両の修理や敵車両への攻撃を行える。

エンジニアが使用する遠隔操作型の爆発処理ロボットで、通常のリペアツールと同じように損傷した乗り物を修理できるほか、ラッシュにおいてはM-COMステーションへ爆薬設置や解除も行うことができる。
EODボットは、QinetiQ North America, Inc.が製造するロボット「タロン」を参考にしています。

陸軍のフューチャー・コンバット・システムで使用されている戦術無人地上センサー。複合センサーによって周囲にいる車両や歩兵を探知する。

AN/PEQ-1 SOFLAMは、偵察兵が敵車両に精密攻撃を誘導する際に使用する。半自動化されており、無人状態でも標的を捕捉する。

ピストル、セミオートマチック、9mm、M9など様々な名で呼ばれるM9は、1985年にアメリカ軍の主力サブウェポンとして採用された。イタリアで開発され、他の候補より品質と価格の点でわずかに優れていたために採用されたが、その決定は今でも議論の的になっている。このM9にはタクティカルライトが装着されており、近接戦闘で敵の目をくらますことができる。

M1911は世界で最も有名なピストルの一つである。1911年にアメリカ軍に正式採用されてから1985年まで主力サブウェポンとして活躍した。多くのコピー品が作られ、また、M1911の内部アクション構造は近代ピストルの多くに採用されている。最新の技術を採用した近代版M1911は、現在もアメリカ海兵隊の特殊部隊で使われている。このM1911には、発射音やマズルフラッシュを低減するサプレッサーが装着されている。

ピストル、セミオートマチック、9mm、M9など様々な名で呼ばれるM9は、1985年にアメリカ軍の主力サブウェポンとして採用された。イタリアで開発され、他の候補より品質と価格の点でわずかに優れていたために採用されたが、その決定は今でも議論の的になっている。このM9には、マズルフラッシュと発射音を低減するサプレッサーが装着されている。

M1911は世界で最も有名なピストルの一つである。1911年にアメリカ軍に正式採用されてから1985年まで主力サブウェポンとして活躍した。多くのコピー品が作られ、また、M1911の内部アクション構造は近代ピストルの多くに採用されている。最新の技術を採用した近代版M1911は、現在もアメリカ海兵隊の特殊部隊で使われている。このM1911にはタクティカルライトが装着されており、近接戦闘で敵の目をくらますことができる。

クロスボウは様々な種類のボルトを使用できる。

ロシアで作られた、赤外線誘導の携帯型対空ミサイル。正しい型式名は9K38だが、アメリカ軍ではSA-18と呼ばれている。このIGLAは UAVサイズから 低空を飛行するジェット機までを ターゲット出来る。

FIM-92スティンガーは携帯型の地対空誘導ミサイル(SAM)である。 スティンガーは低空を飛行するヘリやジェットから UAVまで、様々な目標にロックオンする事が出来るが、 ロックオンが出来ないと 発射できない。

クロスボウは様々な種類のボルトを使用できる。

MP412は、ロシアで輸出用として開発された(REXはRevolver for Exportの略である)小型の.357口径マグナムハンドガンである。ティルトオープン構造や自動排きょうなどの設計は非常に興味深い。MP412の.357マグナム弾は.44マグナム弾ほどの威力こそないが、ストッピングパワーは非常に高い。またコンパクトであるため、照準射撃時の連射速度が若干高い。

RPK

RPK-74Mは、1950年代に開発された初代RPKの改良版である。本質的にはヘビーバレル化したAK-74であるが、RPKはより長くなったマガジンと軽量化のためのポリマー製部品が特徴である。またRPK-74MはAK-74Mと同じスコープマウントを持ち、標準で固定射撃用のバイポッドが装備されている。

単体でショットガンとしても利用できる、装着型のショットガン。 スラグ弾、ショット弾、フラグ弾、フレシェット弾を使用できる。

イラン製アサルトライフルであるKH2002は、本質的にはM16のブルパップ版である。現在イラン軍に配備されているG3と交替する予定であるが、完全に更新するには何年も掛かるとの予想もある。全長が短いため近接戦闘では扱い易いものの、バレルの下に取り付けるタイプの武器は使用できない。

G17Cピストルは、オーストリアのメーカーが製造する、バリエーション多彩なピストル・シリーズに属するモデルである。9mm口径のフルサイズ戦闘用ピストルで、ポリマーフレームと耐腐食面処理により、信頼性は非常に高い。世界中の警察や軍部隊でも高く評価されている。このG17Cは内蔵型レーザーポインターを装備しており、非精密射撃時の命中精度が上がっている。

この中国製の汎用機関銃は、88式もしくはQJY88という制式名で知られる。88式という年式名(1988年に採用されたという意匠)にも関わらず、人民解放軍に広く配備されたのはつい最近の事である。中国製の5.8x42mm特殊強装弾を使用するほか、標準で固定射撃用のバイポッドが装備されている。