高齢者の性欲の実態を調査!その結果見えてきた意外な事実とは…。

高齢者も性欲があり、セックスを楽しむ人は多い。米国の調査では75歳以上の4人に1人が性的に活発とされ、日本の調査でも高齢者の多くがセックスに積極的であることがわかった。性欲は年齢とともに衰えるが、完全には消えない。セックスは高齢者にとって健康維持や人生を豊かにする重要な要素である。

FC2USER422223YJR さん

36 PV

歳を重ねると「なんか体調が悪い」「急に汗が出てくる」といった症状が続くことがあります。これらの症状は更年期によるものかもしれません。更年期により性欲の低下も見られると言われますが、人間の根本的な欲求である性欲は完全には消えません。高齢者の性欲について調査を行った結果、意外な事実が見えてきました。

まず、歳を重ねるごとに生殖機能が衰えることが分かっています。女性は閉経によって生殖機能の終わりを迎えますが、男性は明確な終わりがないため、80歳や90歳になっても勃起します。これは男性ホルモン(テストステロン)の減少が中年以降に始まり、その速度や度合いは個人差があるからです。男性ホルモンの減少は生活習慣病に大きく影響し、ED(勃起障害)が60歳代の日本人の60%以上に見られます。EDは血管の健康が悪くなると起こりやすくなり、男性ホルモンが低下している証拠でもあります。したがって、男性ホルモンの低下により性機能や認知機能も低下し、生殖機能が衰えてしまいます。

しかし、高齢者でも性欲があることがわかっています。米国の調査では、75歳以上でも4人に1人が性的に活発であるという結果が出ています。性欲は人間の三大欲求の一つであり、性中枢が刺激を受けて興奮し、性ホルモンが分泌され、五感からの外的刺激がある限り、性欲は消えません。性中枢は大脳皮質によって調整されているため、正常に働いている限り性欲はなくならないのです。

高齢者の性行為の頻度についての調査では、60代男性の53%、70代男性の69%、60代女性の66%、70代女性の76%が性行為を1年間していないと回答しました。しかし、逆に言えば、残りの方々はまだ性行為を行っているということです。性的な活発さは健康状態と関係しており、性行為を活発にしている人の方が健康状態が良いと答えています。

50代から90代の男女各80人を対象としたアンケート調査では、高齢の男性の8割、女性の7割以上がセックスに積極的であることが判明しました。また、80代、90代でも性愛を楽しむカップルは珍しくありませんでした。例えば、EDになったがバイアグラで回復し、週2回のペースで夫婦生活を楽しんでいる男性や、90歳を過ぎても事務所の秘書とのセックスを楽しんでいる男性などがいます。女性の中には、閉経後もセックスを続け、セックスレスに悩んでいたが、再開することでうつ状態が改善したという人もいます。

これらの結果から、高齢者にも性欲があり、セックスをすることで豊かな人生を送っている高齢者が多くいることがわかりました。セックスの形は年齢によって変わりますが、生きる上でとても大切なものであり、生きる源となるのです。セックスは人生を豊かにするための手段の一つであることが示されています。

歳を重ねると「なんか体調が悪い」「急に汗が出てくる」といった症状が続くことがあります。これらの症状は更年期によるものかもしれません。更年期により性欲の低下も見られると言われますが、人間の根本的な欲求である性欲は完全には消えません。高齢者の性欲について調査を行った結果、意外な事実が見えてきました。

まず、歳を重ねるごとに生殖機能が衰えることが分かっています。女性は閉経によって生殖機能の終わりを迎えますが、男性は明確な終わりがないため、80歳や90歳になっても勃起します。これは男性ホルモン(テストステロン)の減少が中年以降に始まり、その速度や度合いは個人差があるからです。男性ホルモンの減少は生活習慣病に大きく影響し、ED(勃起障害)が60歳代の日本人の60%以上に見られます。EDは血管の健康が悪くなると起こりやすくなり、男性ホルモンが低下している証拠でもあります。したがって、男性ホルモンの低下により性機能や認知機能も低下し、生殖機能が衰えてしまいます。

しかし、高齢者でも性欲があることがわかっています。米国の調査では、75歳以上でも4人に1人が性的に活発であるという結果が出ています。性欲は人間の三大欲求の一つであり、性中枢が刺激を受けて興奮し、性ホルモンが分泌され、五感からの外的刺激がある限り、性欲は消えません。性中枢は大脳皮質によって調整されているため、正常に働いている限り性欲はなくならないのです。

高齢者の性行為の頻度についての調査では、60代男性の53%、70代男性の69%、60代女性の66%、70代女性の76%が性行為を1年間していないと回答しました。しかし、逆に言えば、残りの方々はまだ性行為を行っているということです。性的な活発さは健康状態と関係しており、性行為を活発にしている人の方が健康状態が良いと答えています。

50代から90代の男女各80人を対象としたアンケート調査では、高齢の男性の8割、女性の7割以上がセックスに積極的であることが判明しました。また、80代、90代でも性愛を楽しむカップルは珍しくありませんでした。例えば、EDになったがバイアグラで回復し、週2回のペースで夫婦生活を楽しんでいる男性や、90歳を過ぎても事務所の秘書とのセックスを楽しんでいる男性などがいます。女性の中には、閉経後もセックスを続け、セックスレスに悩んでいたが、再開することでうつ状態が改善したという人もいます。

これらの結果から、高齢者にも性欲があり、セックスをすることで豊かな人生を送っている高齢者が多くいることがわかりました。セックスの形は年齢によって変わりますが、生きる上でとても大切なものであり、生きる源となるのです。セックスは人生を豊かにするための手段の一つであることが示されています。

歳を重ねると「なんか体調が悪い」「急に汗が出てくる」といった症状が続くことがあります。これらの症状は更年期によるものかもしれません。更年期により性欲の低下も見られると言われますが、人間の根本的な欲求である性欲は完全には消えません。高齢者の性欲について調査を行った結果、意外な事実が見えてきました。

まず、歳を重ねるごとに生殖機能が衰えることが分かっています。女性は閉経によって生殖機能の終わりを迎えますが、男性は明確な終わりがないため、80歳や90歳になっても勃起します。これは男性ホルモン(テストステロン)の減少が中年以降に始まり、その速度や度合いは個人差があるからです。男性ホルモンの減少は生活習慣病に大きく影響し、ED(勃起障害)が60歳代の日本人の60%以上に見られます。EDは血管の健康が悪くなると起こりやすくなり、男性ホルモンが低下している証拠でもあります。したがって、男性ホルモンの低下により性機能や認知機能も低下し、生殖機能が衰えてしまいます。

しかし、高齢者でも性欲があることがわかっています。米国の調査では、75歳以上でも4人に1人が性的に活発であるという結果が出ています。性欲は人間の三大欲求の一つであり、性中枢が刺激を受けて興奮し、性ホルモンが分泌され、五感からの外的刺激がある限り、性欲は消えません。性中枢は大脳皮質によって調整されているため、正常に働いている限り性欲はなくならないのです。

高齢者の性行為の頻度についての調査では、60代男性の53%、70代男性の69%、60代女性の66%、70代女性の76%が性行為を1年間していないと回答しました。しかし、逆に言えば、残りの方々はまだ性行為を行っているということです。性的な活発さは健康状態と関係しており、性行為を活発にしている人の方が健康状態が良いと答えています。

50代から90代の男女各80人を対象としたアンケート調査では、高齢の男性の8割、女性の7割以上がセックスに積極的であることが判明しました。また、80代、90代でも性愛を楽しむカップルは珍しくありませんでした。例えば、EDになったがバイアグラで回復し、週2回のペースで夫婦生活を楽しんでいる男性や、90歳を過ぎても事務所の秘書とのセックスを楽しんでいる男性などがいます。女性の中には、閉経後もセックスを続け、セックスレスに悩んでいたが、再開することでうつ状態が改善したという人もいます。

これらの結果から、高齢者にも性欲があり、セックスをすることで豊かな人生を送っている高齢者が多くいることがわかりました。セックスの形は年齢によって変わりますが、生きる上でとても大切なものであり、生きる源となるのです。セックスは人生を豊かにするための手段の一つであることが示されています。

  • 1