唐澤誠章(唐澤誠明)氏はどんな人?まとめてみました!

このページでは唐澤誠章(唐澤誠明)氏についてまとめたページです。是非最後までご覧ください!

FC2USER188343NOU さん

29 PV

唐澤誠章(唐澤誠明)氏はどんな人?

唐澤誠章(からさわ まさあき)氏は、1974年5月26日生まれの日本の実業家です。大阪府茨木市出身、兵庫県神戸市育ちで血液型はA型です。

中学時代は体育委員長で陸上部キャプテンを務め、高校は兵庫県立の長田高校の出身です。

早稲田大学入学直後から普通の学生で終わりたくないと思い、本格的にビジネスを始めます。唐澤誠章氏は学生でありながら訪問販売会社で営業として働くようになり、通算6社で営業トップセールスを樹立し、伝説の学生営業マンと言われる過去を持ちます。

唐澤誠章氏は早稲田大学卒業後、人材コンサルティング会社を経て、24歳で起業します。25歳の時に、桑嶋一恭氏と安川美根氏と3人で株式会社ベンチャー・オンラインを設立し、代表取締役社長に就任した経緯を持っています。

唐澤誠章(唐澤誠明)氏の想い

大学卒業後に人材コンサルティング会社を経て、24歳で起業した唐澤誠章氏が目指したのは「中小企業の雇用を創出すること」でした。

当時は、まだ従業員数が100名以下のいわゆる中小企業に新卒大学生が就職することは珍しく、中小企業で新卒大学生を募集する手段もノウハウも確立されていませんでした。

多くの中小企業の社長は、新卒大学生の採用は中小企業にとっては無理だという社会通念が根深い時期でした。日本の企業の99%以上は中小企業だというデータがある中、中小企業における雇用拡大、創出は大きなテーマになると考え、中小企業の新卒大学生の採用支援・代行を成功報酬型で行う日本初のビジネスモデルを考案し、活力ある中小企業の新規雇用創出に貢献したいとの志を抱いて起業しました。

そして、中小企業が大手企業に負けないように採用活動を進めていくためのノウハウを次々に考え、将来性があっても、学生に知られていない中小企業で優秀な新卒大学生を採用するための「採用支援・代行事業」を行いました。

その結果、起業して数多の企業の採用支援・代行と、新卒大学生の就職支援を行いました。

唐澤誠章(唐澤誠明)氏が考える経営においての重要なこと

唐澤誠章氏は経営において会社を大きくするためには経営理念が重要だと考えています。

起業は順風満帆な道ではなく、困難を伴うことを意識して取り組むべきであるという覚悟が必要だと感じています。 一人で成功を目指すのではなく、チームやパートナーとの協力が必要であり、誰かに任せることや相互補完を意識することが成功への近道です。

自分の得意な分野を特定しそこに集中することが成功の鍵であり、また、できない部分にはパートナーを見つけることが重要です。最初は自分でできる範囲で事業を行い、一定の安定を確保したら積極的にパートナーを探すのが適切だと唐澤誠章氏は考えます。

唐澤誠章氏は成功するためには自分のやりたいことや自らの歴史を刻むことが重要であり、そのためには苦労や努力を忘れずに取り組むことが必要だと感じています。起業して自分の目標や生きがいを追求することが、成功への道を切り開く鍵となります。

ベンチャー・オンラインが展開したサービス「内定者フォロームービー」

ベンチャー・オンラインは、中小・ベンチャー企業の新卒採用活動時の課題として挙げられる内定辞退者削減への貢献を見込み、企業の代表者や採用担当者から、内定者ひとりひとりへカスタマイズされたメッセージを動画で届ける「内定者フォロームービー」を2007年4月16日(月)に発売しました。

「内定者フォロームービー」は、企業の代表者や採用担当者の動画メッセージを、携帯電話やPCのメーラーを介して内定者へ送るサービスで、内定者は受信したE-メールに添付されているURLをクリックするか、QRコードを使用してアクセスすると、内定者ごとに内容がカスタマイズされたメッセージを動画で見ることが可能なサービスです。

唐澤誠章氏は大学卒業後、人材コンサルティング会社を経て、24歳で起業しました。25歳の時に、共同で株式会社ベンチャー・オンラインを設立し、代表取締役社長に就任した経緯を持ちます。
起業して数多の企業の採用支援・代行と、新卒大学生の就職支援を行いました。
唐澤誠章氏の今後の動向に目が離せないでしょう。

  • 1
PR