海外投資を考えているならハンサード、インベスターズトラスト、プレミアトラスト、RL360°、メティス

今回は将来に備えたい人におすすめする会社などを紹介していきます。将来の備えが心配な人、資産を増やすためにできることがないかを模索している人などは、資産運用や資産形成などを考えてみてはいかがでしょうか。

FC2USER263715RVE さん

31 PV

将来の不安から資産運用や資産形成など、投資を行う人が増えています。資産運用などはリスクもありますが、将来に備えられるというメリットもあります。さまざまな商品が展開されているので、自分に合うやり方で資産を増やしていくこともできます。

今回は将来に備えたい人におすすめする会社などを紹介していきます。将来の備えが心配な人、資産を増やすためにできることがないかを模索している人などは、資産運用や資産形成などを考えてみてはいかがでしょうか。

こちらの会社は世界でも有数のオフショア金融センターであるマン島の金融サービス企業です。ロンドン証券取引所に上場しているグループの一員です。

お客さんのいろいろなニーズに応えるだけではなく、お客さんの資産の長期的な成長をサポートしてくれる企業でもあります。ちなみにマン島は英国本島とアイルランドに囲まれているアイリッシュ海に位置する英国王室属領のひとつとして知られています。

ハンサードの企業理念とは?こちらの企業は日本において金融商品取引業者として登録されています。資産運用などをメインとする人たちのニーズに応えられる商品提供をするのが企業理念と言ってもいいでしょう。

日本国内だけではなく、海外の魅力的なファンドの提供だけではなく安全なお金の置き場所としても応えられるようにしています。資産の管理は非常に重要です。特に日本は地震などの自然災害リスクが高い場所なので、資産の置き場所に頭を悩ませている人もいるはずです。

ハンサードの事業内容について

基本的にこちらの企業は金融商品の提供をメイン事業にしています。海外にはさまざまな魅力的なアクティブファンドが多く存在しています。

こちらの企業はそのような海外ファンドへの運用機会を提供できるように準備をしているのです。資産運用や資産形成に関しては年々やり方なども変わってきます。さまざまな金融商品の展開も行われているのです。分かりやすさ、そしてお客さんが満足できるような商品の提供ができるようにしています。ハンサード日本支店のウェブやSNSなどを見ると、海外の商品を日本の法律に沿って日本語で販売をしようと準備中とのことです。

ハンサードの強みとは?

こちらの企業の強みは、日本に支店を持っており、日本語で問い合わせができることでしょう。また、ハンサードが本社を置いているマン島は先述したように世界的にも有名なオフショア金融センターです。

基本的にマン島は厳格な金融行政を行っていることでも知られています。マン島のソブリン債は日本国債よりも高い格付けを得ているため、安定性に優れていることが伺えます。この高い信頼性こそが最大の強みと言っても過言ではありません。

インベスターズトラスト

こちらはITAグループを代表とするグローバルブランドです。IATグループはさまざまな金融商品を提供して、資産運用や資産形成をしている人たちにグローバルなマーケットへのアクセス提供を目指しています。

ちなみにこちらは多くの業者が進めるという魅力もあります。世界100か国以上に事業展開をしていて、資産管理もバンク・オブ・アメリカで分別管理をしています。

インベスターズトラストの企業理念とは?

こちらの企業理念はあらゆる角度から強い経済への貢献をするということです。そのためにさまざまな努力をして、世界中の持続可能な経済な経済促進のサポートを掲げています。

資産運用などは、ノーリスクでできることではありません。ビギナーズラックから、人生を大きく変えてしまった人もいます。良い方向で人生が変わるのはいいですが、悪い方向に変わることもあるので気を付けなければいけません。

インベスターズトラストは、お客さんの人生が悪い方向に進まないための努力や提案などもしてくれると評判です。

インベスターズトラストの事業内容について

こちらの企業は2002年に設立されているため、業界内から見ても比較的新しい企業です。さまざまな金融商品を取り扱っていますが、必要経費の安さという魅力もあります。

資産を増やしたい人にとって、少しでも必要経費を抑えたいというのは本音でしょう。必要経費㋨安いところと高いところ、どちらを選ぶかと言えば安い方ではないでしょうか。他の企業と同様の商品を扱っていながら、必要経費を抑えられるという魅力があるからこそ、さまざまな業者がおすすめしているのでしょう。

インベスターズトラストの強みとは?

オフショア投資をするならば、こちらの企業が有名です。なぜなら、中長期運用向けの商品のバリエーションが豊富であり、中長期向けの商品に強い企業からです。選べるファンドの数が多く、他社と比較すれば分かるように必要経費の安さも強みのひとつと言えます。

プレミアトラスト

こちらの企業は税金がほとんどかからない地域にあり、オフショア投資ができます。カリブ海に存在するヴァージン諸島にあり、アメリカのすぐ下にあることからアメリカから多くの投資マネーが集まるようになっています。

こちらの企業は金融機関の中でも信託会社になっています。一般的には保険会社にお金を預けるケースが多いのですが、こちらの企業は信託会社にお金を預けるのだと覚えておいてください。

プレミアトラストの魅力とは?

こちらの企業は信頼性が高い企業として知られています。そのため、最大の魅力がその信頼性の高さと言っても過言ではありません。その理由として、世界的に有名な第三者機関と連携を取っているからです。

世界最大級で最古の歴史を持つ保険市場のロイズからカバーホルダー認可を受けています。つまり、資産保管期間、資産運用会社との連携が可能となっています。

プレミアトラストの事業内容について

基本的にこちらの企業は信託会社です。さまざまな金融商品を取り扱っていて、資産運用や資産形成をしたい人にとっておすすめされています。

事業と言えば、こちらの企業はIT化がすすんでいて、従業員数は100名にも満たないのです。元々2名のエンジニアが設立した企業であり、業務をデジタル化することによって効率が良くコストのかからない運営をしています。

プレミアトラストの強みとは?

こちらの企業は、資産運用などをしている人のリスクを低減していると言われています。きちんと安心して資産運用や資産形成ができるように、さまざまな対策が練られているのです。

そのひとつとして、顧客の資金はこちらの企業ではなく同社が持つ信託保全口座であるスイス・ユニオン銀行にて管理されています。管理がされていることも公開されているのです。信頼性の高い第三者に資産を任せているということで、資産運用などを検討している人、現時点でしている人にとっても安心です。

こちらの企業はマン島に籍を置く生命保険会社です。160年以上の歴史を持っていることもあり、高い信頼性が特徴的な企業でもあります。

マン島はオフショア金融センターなので、税金を低くすることで経済を活性化することができるとも言われています。だからこそ外貨を獲得するための政策を取っているのでしょう。そのため、元々は英国貴族のためのオフショア金融センターだったという過去も持っています。

RL360°の強みとは?

こちらの企業の強みは、その歴史の深さでしょう。1861年に設立された会社です。金融商品を扱う企業の場合、歴史が長ければ長いほど信頼にもつながっていくと言われています。

親会社のIFGLの傘下にはフレンズプロビデントもあり、こちらの企業と似たようなビジネス展開をしています。マン島にある保険会社は買収を経て、いくつかのグループに統合されていると言えます。

RL360°の事業内容について

  • 1
  • 2
PR