美容内服セットって・・・コスパはよさそうだけど実際どう?

FC2USER599800CBV さん

6 PV

美容内服セット

美肌・美白肌を目指して美容内服セットを購入する人が増えていて、話題を呼んでいます。美容内服セットとは、ビタミンCをはじめとする美容成分が配合された内服薬を美容クリニックや皮膚科専門医によって処方される医薬品です。

肌質や肌の悩み、肌の状態について問診やカウンセリングを行った上で、最適な内服薬を処方しています。全国的にオンライン診療に対応できるクリニックが増えていて、公式サイトのメールフォームや、LINEによる予約も可能です。

こんな方におすすめです

・シミやそばかすがなく、白く若々しい理想のお肌を手に入れたい方。

・レーザーや外用薬でお肌の治療中の方。

・肝斑のある方 ・レーザー治療や痛みのある治療に抵抗のある方

美容内服セットは、ニキビやニキビ痕でお悩みの方、吹き出物などの肌荒れでお悩みの方に適しています。ニキビ・ニキビ跡・肌荒れの肌トラブルを解消するには、肌のターンオーバーを正常にして、肌細胞の新陳代謝を促すことが重要となってきます。美容成分のビタミンB群やビタミンCが配合された美容内服セットが処方されるケースも多いです。

「実年齢よりも老けて見られる」「体は元気なのに肌が疲れているように見える」といった肌の悩みを抱える方も多いようです。オンライン診療の際に、クリニックの医師に相談すれば、年齢肌対策に最適な美容内服セットを提案してもらうことができます。

成分について

アスコルビン酸(ビタミンC)とパントテン酸カルシウム(ビタミンB5)を配合した薬です。
継続的に内服することで、メラニン色素の生成や代謝に働きかけ、色素沈着の予防や改善が期待でき、美白効果を得ることができます。

また、抗酸化作用によって皮膚細胞の老化を防ぐコラーゲンの生成を促し、肌のハリを保ちます。ニキビの炎症を改善する作用も期待できます。

▼タチオン(グルタチオン)

タチオン(グルタチオン)は、体内でも合成される栄養成分の一つで20代をピークに加齢と共に減少していきます。
強力な抗酸化作用があるため、アンチエイジングや美白効果があるほか、糖尿病や高脂血症・肝機能改善による二日酔い予防・妊娠つわり・生活習慣病などの予防、体内毒素を排出する効果があります。

皮脂の蓄積や肌荒れの原因のニキビにも効果が期待されています。

▼トラネキサム酸(トランサミン)

トラネキサム酸は、抗炎症、抗アレルギー、止血効果がある安全性の高い薬のため、風邪症状でも処方されるほど広く使用されている薬です。
肌の内側にあるシミや肝斑・そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制および改善し、透明感のある美しい肌へと導きます。ニキビ痕やレーザー後の色素沈着の改善にも期待ができます。

抗炎症作用もあるため、ニキビなどの肌荒れや赤み・痛みを抑える作用もあります。

肝斑の治療に有効とされている薬です。肝斑治療だけでなく、抗炎症作用、抗アレルギー作用、止血効果などがあり、それらの治療薬としても使われています。

▼ハイチオール

ターンオーバー促進などの代謝アップ効果により、ニキビ、ニキビ跡の改善や疲労回復効果があります。メラニンの生成を抑制しシミそばかすが改善される美白作用もあります。

L-システインを主成分としお肌の代謝を正常化し、過剰に産生されたメラニンを体の外へ排出することで、しみを薄くする効果があります。

美容皮膚科を選ぶ際には、クリニックの実績や医師の資格を確認しましょう。また、継続できる価格帯かどうかも重要なポイントです。

オンライン診療でも、専門医による診察や処方が必須です。

クリニック自体の診療実績はもちろん、在籍する医師のプロフィールを確認し、所有する資格や専門分野についてもチェックしておきましょう。

美容内服薬やメディカルコスメは、継続して使用することで効果を発揮するものです。

そのため単発ではなく、数ヶ月にわたって購入できる価格帯かどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

クリニックによっては割引クーポンを発行していたり、キャンペーンを実施しているところも。定期便やまとめ買いで安く買えたり、送料が無料になったりするかも含めてチェックしてみましょう。

診察時間や曜日も確認しておきましょう。仕事や家事・子育てがあると、スケジュールを組むのも大変です。

平日の日中だけではなく、土日や祝日・夜間にも診療を行っているクリニックもあります。生活リズムに合わせて、ストレスなく受診できるところを選んでください。

美容内服薬やスキンケア用品も毎日の積み重ねが大事なので、発送スピードや支払い方法なども事前に細かくチェックしておくとよいでしょう。

クリニックによって、取り扱っている美容内服セットや化粧品の種類が異なります。使ってみたい薬や化粧品があれば、取り扱いがあるかどうかを確認しておきましょう。

また、普段から対面診療で美容内服を処方してもらっている人は、今使っているものがあればオンラインクリニックに乗り換えも検討できるでしょう。料金も含めて比較してみましょう。

特に希望する薬がない場合は、医師による診察で肌の悩みをヒアリングし、目的に合ったものを処方してもらえます。

美容内服セットを購入する際に、料金体系について複数のクリニックで確認しておくと良いでしょう。美容内服セットの料金に送料が含まれるケースもありますが、「全国一律でいくら」といった形で、送料が別料金になっている場合もあります。

  • 1
  • 2
PR