【トリビアまとめ】メガネドラッグの社員は全員メガネをかけている

昔懐かしの「トリビアの泉」を再検証!

FC2USER926778DHH さん

21 PV

当時の放送より

メガネドラッグの小池さんはこう語る。

Q.何故全員メガネ?

小池さん
「当社の会長がお客様の気持ちに近づく為にはどうしたらいいんだろうかと考えた時に、全員がいつもメガネをかけていればいいじゃないかということからメガネをかけるようになったんです。」

そこでメガネドラッグ蒲田本店に実際に行ってみた。

メガネ、メガネ、メガネ、メガネ。

確かに全員メガネをかけていた。

さらにメガネドラッグの本社にも行ってみた。

メガネ、メガネ、メガネ、メガネ、メガネ。
メガネじゃない、と思ったらやっぱりメガネ。

ここでもやはり全員がメガネをかけていた。

【補足トリビア】
①この取り決めは創業時に決められ、こういった決まりがあるのは日本のメガネ業界でメガネドラッグだけ。
②メガネドラッグはもともと薬屋だった。
③店長がメガネ屋で値引きを断られた際にそのメガネ屋の儲けを調べたところ、メガネ屋の利益がかなり大きかったことから、薬屋の片隅でメガネを4割引きで販売したのがメガネドラッグ創立のきっかけとなった。
④「値引きしないメガネ屋を価格破壊によって退治する」という意味で「桃太郎」をマスコットに起用した。

再検証しました

メガネドラッグでは社員全員メガネ着用で,視力の良い人は伊達メガネだそうです。

「メガネドラッグでは、店員全員がメガネをかけている」と いう噂がありますが、これは事実で、「メガネを売る者はメガネ を知るべき」いう森野氏の考えで全社員に義務化しています。

「メガネを売る者はメガネを知るべき」というモットーで、「メガネドラッグの社員は全員メガネをかけている」のは有名な話です。

  • 1
PR