【トリビアまとめ】雑誌「プレイボーイ」のうさぎのマークはうさぎの性欲が強いことからきている

昔懐かしの「トリビアの泉」を再検証!

FC2USER926778DHH さん

97 PV

当時の放送より

アメリカのプレイボーイ本社に聞いてみた。

Q.うさぎの性欲が強いからうさぎマーク?

「確かに社長がシンボルマークにうさぎを選んだ理由としてその性欲が強いことからセ●クスの暗示的意味を持たせる意味があったと言っています。」

うさぎの性欲の強さについて、うさぎのブリーダーである八木さんはこう語る。

Q.うさぎの性欲は強い?


「うさぎのオスとメスを一緒にしておくと、オスは一日中でもメスのことを追いかけ回して何度でも交尾を繰り返してしまいます。」

こちらでお世話になっているうさぎのリッタ君の性生活を覗かせていただいた。

2戦目、3戦目、4戦目

ずっとメスを追いかけ回すリッタ君。

そして5戦目。

捕まるリッタ君。

スタッフ
「なんでやめさせるんですか?」

八木さん
「これ以上続けてしまうとオスのペ●スが腫れて血が出てきてしまうことがあるんです。」

【補足トリビア】
①ウサギの1回の交尾時間は結合約5秒で、メスは受精してから約1ヶ月で出産する。
②ウサギのオスは生後4ヶ月を過ぎると死ぬまで発情しっぱなしなので「発情期」はない。

再検証しました

雑誌「プレイボーイ」のうさぎのマークはうさぎ(Rabbit)の性欲が強いことからきているそうです。

PLAYBOYのロゴマークは1967年に制定されました。 少し恥ずかしがりやだけれども快活、飛び跳ねている動物、セクシーという理由で、性的意味も込めてうさぎをシンボルに起用したのが由来です

ウサギといえば、かわいい、ひかえめといった繊細なイメージがあるが、実は意外と野性味にあふれ、精力旺盛という特徴がある。

毎日が発情期とも言えるウサギなので、プレイボーイ創始者のヒュー・ヘフナーは、“ウサギは“快活”で、遊び心や茶目っ気がある”というイメージから、ロゴに採用したと話しています。

  • 1
PR