フジテック株式会社まとめ!CMで話題の企業をご紹介します

エレベーター大手のフジテック。CMもよく目にしますよね。でも、フジテックについて知っていることと言えば、「エレベーターの会社」ということだけ。今回はフジテック株式会社の理念や事業内容についてご紹介します。

Fujimura1990 さん

18 PV

高層ビルやタワーマンション、ショッピングモールなどなど、今やエレベーターがない施設の方が少ないほど、どこでも目にする設備ですよね。

もはやエレベーターがない生活なんて想像もできないですよね。

そんな身近な存在のエレベーターを手掛ける会社といえば、何と言ってもフジテック株式会社。最近はCMでもよく目にしますね。

今回はフジテック株式会社の経営理念や事業内容にフォーカスし、どんな会社なの?という皆様の疑問にお答えしたいと思います。

エレベーターと言えばフジテック!会社概要を調査

「フジテックは、エレベータ・エスカレータを世界中に届ける、リーディングカンパニー」

公式サイトの企業情報を調べると、真っ先にこの言葉が出てきます。
フジテックは、エレベータ・エスカレータ・動く歩道を取り扱う、都市空間移動システムの専業メーカー。

そして、徹底した品質管理のもと、研究・開発から販売、生産、据付、保守、そしてリニューアルまで、一貫体制で安全・安心な移動を実現しています。

【フジテック株式会社 会社概要】
■設 立 :1948年2月9日
■代 表 :代表取締役社長 岡田隆夫
■資本金 :125億3393万円(2022年3月31日現在)
■上場市場:東京証券取引所プライム市場
■所在地 :
 <本社ビックウィング>〒522-8588 滋賀県彦根市宮田町591-1
 <東京本社>〒108-8307 東京都港区白金1-17-3
■売上高 :連結187,018百万円(2021年4月1日~2022年3月31日)
■従業員数:単独3,135名、連結10,683名(2022年3月31日現在)

本社は滋賀県と東京都にあるフジテック株式会社ですが、国内拠点は全国ありとあらゆる都道府県に存在しています。

支店やサービスセンターでいえば、ほとんどすべての都道府県に存在しています。

フジテックの一貫した体制を支える基盤が全国に存在しているということですね。

一方で、フジテック株式会社はグローバル拠点も設けています。
香港、韓国、中国、シンガポール、フィリピン、マレーシア、インドネシア、ベトナムなどなど、東南アジア諸国には一通りフジテックの拠点が存在しているようです。

東南アジア以外にも中東や南北アメリカ、ヨーロッパにも拠点があり、まさに「グローバル企業」と言えます。

フジテック株式会社の事業内容

では、グローバル企業「フジテック」の事業内容についてご紹介しましょう。
冒頭でも述べたように、フジテック株式会社はエレベータ・エスカレータ・動く歩道を供給する専業メーカーです。

また、エレベータは生産・販売して終わりではありませんよね。「人を運ぶ」ものだからこそ、移動手段として万が一があってはなりません。むしろ保守・メンテナンスは販売以上に大切かもしれませんね。

【新規設置(エレベータ)】
標準型マシンルームレス・エレベータ「XIOR(エクシオール)」を中心に、高速エレベータ、駅舎用エレベータ、非常用エレベータ、小荷物用エレベータなどを取り扱っている。

【新規設置(エスカレータ)】
標準型エスカレータ「GS-NX」シリーズ、省スペース型の「SLIM FIT」、動く歩道「AUTOWALK」を扱っている。

【メンテナンス】
フジテックはエレベータやエスカレータを生産するだけの会社ではありません。据え付けたエレベータ・エスカレータを1台1台、24時間365日体制で見守り続ける技術を有しています。
「技術」「人」「バックアップ体制」
この3つの柱を軸に、研究・開発から設計、生産、据付、メンテナンスそしてリニューアルまで、一貫した体制で顧客の大切なエレベータとエスカレータを守っているのです。

フジテック株式会社の想い

「未来の一歩先をいくため、新しい時代の扉を開きます」

エレベータ・エスカレータは快適でスムーズな移動をサポートする、都市の生活になくてはならない存在です。当社はより快適に、そしてより安全にご利用いただけるよう、さらなる品質の向上を目指して日々、研究と開発を積み重ねています。

それほど遠くない未来に創り出されるエレベータ・エスカレータ。それは私たちの想像を超えるような機能を持ち合わせているかもしれません。ほんの少し昔では考えられなかった宇宙旅行が実現されつつある現在、今は夢のような機能でも、長年積み重ねてきた研究・開発力、先進的な空間移動システムの発想があれば、エレベータ・エスカレータには新たな道が開けていきます。

当社は未知のものを追い求め、夢を“未来の種”として育み、確実に実らせてきました。夢という種を育てることは、当社にとって未来の空間移動システムの創造にほかなりません。フジテックは、まだ誰も見たことのない未来の移動システムを生み出すために。そして、その未来の一歩先をいくために、新しい時代の扉を切り開いていきます。

このように、フジテック株式会社はエレベータ・エスカレータを軸として、新たな「移動システム」を生み出すために、日々会社一丸となって取り組んでいるようです。

いかがでしたか?エレベータ・エスカレータの専業メーカーであるフジテック株式会社。皆様が普段使っているエレベータやエスカレータの中にも、きっとフジテックの製品があると思います。

利用した際は、ぜひフジテック株式会社の今後の活躍を応援してみてはいかがでしょうか。

  • 1