実名報道被害!逮捕記事を消すためにやるべきこと

実名報道されるとネット上に逮捕記事がアップされます。それも実名入りで。
社会復帰しようにもなかなか思うようにならないようになります。
逮捕されてやり直したい方向けにまとめました。

FC2USER415597RHX さん

167 PV

実名報道されるとネット上に逮捕記事がアップされます。それも実名入りで。
社会復帰しようにもなかなか思うようにならないようになります。
逮捕されてやり直したい方向けにまとめました。

逮捕記事を検索上から消したいと思ってもどうすればよいかわからない。
自分で逮捕記事を綺麗にしたいと思った時に、やるべきことをご紹介。

――そもそもデジタルタトゥーは、弁護士など専門家でないと消せないのでしょうか?

自分でできるケースもありますが、専門家に相談するほうが安全です。やはり専門家でないと、交渉相手の選定と適切な交渉をするのが難しいので。

たとえば、ある掲示板で自分の個人情報が投稿された場合、その掲示板の投稿に関わる人物としては以下の4人が挙げられます。

①レンタルサーバーの運営者
②レンタルサーバーを使い、レンタル掲示板サービスを運営している者
③レンタル掲示板サービスを使い、1つのスレッド(※)を立てた者
④当該掲示板で、個人情報を投稿した者

実名報道を消す4STEP
1.調査する
2.分類する
3.削除依頼をする
4.検証・再調査する

逮捕された方の中には不起訴処分になった方もいらっしゃるかと思います。さらに言うと冤罪や無実の方もいらっしゃるでしょう。


ただ逮捕された記事だけが永遠に残ってしまい、無実の方も犯罪者の扱いをされ、それが他人には本当のこととして認識されてしまいます。

そうなってしまうと自分自身はもちろんですが、関係がない家族にも影響があり人生で非常に不都合なことが起こります。たとえば仕事の信用がなくなってしまったり、近所から白い目で見られたり、子供が学校でいじめられたりしてしまいます。

そういったことにならないように自分の名前の記事は削除してしまいましょう。

逮捕された時のためにも個人情報はネット上から削除しておきましょう。そもそも逮捕されないように生きていくことの方が優先ですけどね。

インターネットで公開した情報は、いろいろな人が閲覧する可能性があります。そのため、インターネット上で、氏名、年齢、住所、電話番号、自分の写真といった作成者自身の個人に関する情報を公開することの危険性について、きちんと認識しておかなければなりません。

防衛策として、普段の生活から気を付けておきましょうね。

逆SEO対策とは検索エンジン上で「個人名+逮捕」「企業名+ブラック」などのネガティブ記事が上位表示されることで不利益を被っている際に、対象に対してポジティブ記事を作成しネガティブ記事を検索結果上から見えづらくすることを指します。

逆SEO対策のReStartは逆SEO対策を次の目的で実践することをおすすめしています。

・社会復帰するため
・家族や子供の将来のため
・デジタルタトゥーを消すため
・もう1度1からやり直すため
・企業・サービスの風評被害対策

【弁護士ができる風評被害対策の具体例】
風評被害の原因となったWebサイトや口コミ投稿の訂正・削除
情報開示請求
法的根拠に基づいた第三者からの分析
風評被害による損害賠償の請求
【風評被害専門業者が行う対策の具体例】
豊富な経験とノウハウで素早い対策、万全のサポート
検索時に表示されるサジェストや関連ワードのクリーン化
弁護士との連携で被害を最小限に抑えられる
風評被害の原因となり得るWebコンテンツの監視

SEO詐欺に遭わず良いSEO会社と出会う方法
方法は2つです。

・高額な予算を用意して大手企業に依頼する
・知り合いで成果を出したSEO会社を紹介してもらう

2つ目が現実的でしょうね。SEO会社を自力でネットで探そうとせず、知り合いで結果を出したSEO会社を紹介してもらいましょう。ただし、どのような施策でどのような結果を出したかをきちんと確認し、自社のケースでも同様に当てはまりそうかを自分の頭で考えましょう。

削除要請(入口)@5ちゃんねる掲示板
★ 5ちゃんねる削除体制【基本原則】はこちらへ。
★ 削除依頼は3つの方法があります。ご希望の方法に沿って使い分けてください。
メールにての削除要請
以下のような重要削除対象でメールにて受け付け希望の当事者の方は削除要請板へどうぞ。

削除ガイドラインで * のついているもの(↓の3項目)。 [個人の取り扱い(個人名・住所・所属/誹謗中傷/私生活情報/電話番号/メールアドレス)]
[差別・蔑視]
削除ガイドラインで 特殊な扱い になっている依頼者(↓の3項目)。
[法人・団体] [個人・一群] [個人・二類]
警察へ相談中 の方(通報前は除きます)。
裁判により削除命令の判決を受けた当事者の方。
上記対象の方はメールにて受け付けます。

掲示板では悪評が書き込まれやすい傾向があるので、削除に全て応じていると手間がすごいですよね。

一定のルールの中、削除依頼に応じているようです。

5ちゃんねる(5ch)はAmebaTVでお馴染みの西村博之氏が開設した匿名掲示板2ちゃんねるが前身です。西村氏によると乗っ取られたようで今は別会社の運営となっています。

5ちゃんねるは利用人口が多いこともあり誹謗中傷や名誉棄損に当たるスレッドや書き込みが多くみられます。当記事では5ちゃんねるで被害にあっている方がどのようにして削除依頼をするかをご紹介しています。

どんな人も逮捕されて忘れてもらう権利を奪うのは良くないなーと思っています。
まずは、逮捕されないこと、された後は対策を取っていきましょう!

逮捕されてもやり直した人たち

堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年(昭和47年)10月29日 - )は、日本の実業家・著作家(書籍・動画)・投資家[2]・タレント。

血液型はA型。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際には、たかぽんを自称している。sns media&consulting株式会社ファウンダー、インターステラテクノロジズ株式会社ファウンダー[3]、ゼロ高等学院主宰[4]、株式会社7gogo取締役、日本ゴルフ改革会議委員[5]、Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)[6][7][8] である。元ライブドア代表取締役社長CEOである。ライブドア事件(後述)を起こしている。

 ギャンブルによる巨額借り入れ事件で逮捕、刑期を終えて出所した大王製紙の元会長で、現在は実業家として活動する井川意高氏が、16日放送のABEMA「デマ投稿を許さない」(水曜後11・30)に出演。現在の資産について語った。

「会社はいま4年目になります。コロナでも建築関係は止まらなかったので、忙しくさせてもらってます」

 職人でありながら実業家の雰囲気をまとった尾形さんは、誰が見ても感じの良い、社長さんだ。しかし高校を卒業したころ、大麻取締法違反で逮捕されている。

「レゲエが好きだったので、そういうアーティストが集まるコミュニティにいると簡単に手に入ったんです。捕まる人もいましたけど、自分は大丈夫だろうって思ってました」

 この時は未成年ということもあり、逮捕歴はつかずに釈放された。そして20代前半で金融業の営業の仕事に就いていたときに、今度は大麻所持で検挙された。

記事の削除依頼は依頼者自身が行う必要があるのですが、連絡をすれば削除に応じてくれるWEBサイトが思った以上に多く「もっと早くからしておけば良かった」と思いました。

検索結果から実名が消え自信を持って就職活動に取り組めたのか、たまたま私を評価してくれた会社と出会えたのかわかりませんが内定が無事決まり、11月から社会人として働きだすことができました。これからは社会の一員として信頼を勝ち取っていきたいと思います。

もし私の逮捕事実がバレてしまったとしても

「新たに築き上げた信用があれば乗り越えることができるんじゃないだろうか?」

「逮捕事実がバレてしまったとしても、それ以上に価値を与えることができていれば受け入れてもらえるんじゃないか?」

そんな思いで再度起業し、4期目を迎えることなった。

アラフィフ再スタートブログ 逮捕されたけど、もう一度起業して成り上ります。

  • 1