【2022最新版】未確認生物(UMA)をまとめてみた【画像付き】

【2022最新版】未確認生物(UMA)をまとめてみた【画像付き】

whiskey345 さん

1677 PV

未確認生物(UMA)とは…?

未確認生物は世界中で目撃例があり、それらが家畜や人間を襲ったとされる事件などもあります。

また、画像やビデオとして残されているものもあります。ネッシーが生息すると言われたネス湖のように、特定の場所や地域で目撃される場合はその場所が観光スポットとなることもあります。

チュパカブラ

チュパカブラは主に南米で目撃報告があがっており、これまでに1000件もの被害が発生しているという。その被害とは、吸血。

恐ろしいことにチュパカブラは家畜を襲い、その血を吸うと言われていたのだ。しかも、襲われるのは家畜だけではない。ペットも狙われることがあったし、人間が襲われたというケースも報告されている。

容姿も独特で、身長はおよそ1〜1.8メートル。全身は緑色とも黒ともされており、カンガルーのように直立歩行やジャンプをする。瞳の色は赤で、場合によっては飛行すらも可能と考えられてきた。

シーサーペント

シーサーペント(sea serpent)とは、海洋で目撃、あるいは体験される、細長く巨大な体を持つ未確認生物(UMA)の総称である。特定の生物を指すものではない。

グロブスター

グロブスターとは、グロテスク・ブロブ・モンスターの略で漂着UMAのひとつとして分類されており、その正体については、巨大水棲UMA「トランコ」が有力視されている。

トランコとは丸みを帯びたクジラのような体で、体長は約15メートル。 白くて長い毛が生えており、頭部のゾウのような長い鼻が特徴的である。

モンゴリアン・デス・ワーム

モンゴリアンデスワームとは、ゴビ砂漠周辺に生息するといわれているUMAの一種。

体長は1~1.5m前後の巨大なミミズのような姿で、全身が血に染まったかのように赤く、その姿が牛の腸に似ていることから現地の人達にはオルゴイコルコイ(腸虫という意味)と呼ばれている。
頭部に牙があり、獲物を狩る際、「強力な毒を吹きかける」「電撃を浴びせる」など言われている。

オゴポゴは、カナダブリティッシュコロンビア州のオカナガン湖で目撃される水棲のUMA。

体長は約5 - 15mで、60cmほどの大きさの頭部は山羊か馬に似ているとされ、背中にコブがあるのが特徴です。ネッシーやツチノコなどと比べると、存在の可能性が高いUMAとされています。

フライング・ヒューマノイド

フライング・ヒューマノイド(Flying humanoid)は、UMA(未確認動物)、未確認飛行物体の一種。人間に似た形をしており、皮膚の色は黒またはこげ茶。

世界中で目撃情報が報告されていますが、特にメキシコで目撃されることが多く、大きさは3m程と推測され、空中に浮かんでいるため、実際の大きさは不明です。

インカニヤンバ

  • 1
  • 2
PR