【MKウルトラ】ヒカキンを狙ったのは糸充-協會の洗脳工作か!?

またしても日本版MKウルトラ発動か?
著名人を狙うMKウルトラ洗脳工作の背景について

magoo_1 さん

120 PV

マイクをむしり取って大声を上げる

多くの人が戦慄し、凍りついた瞬間

MKウルトラ計画

MKウルトラ計画とはかつてCIAが極秘裏に行っていた非人道的洗脳実験である。
詳しくはウィキペディアを参照されたい。
https://w.wiki/5aQ4

ここで洗脳された被験者が後に多くの要人暗殺や凶悪事件に関わっているという説がある。
日本ではかつてオウムがこの技術を真似て信者の洗脳に用いた。
そして昨今悪名高い糸充ー協會も、この技術を信者洗脳など広範な活動に用いているという噂がある。

MKウルトラは表向き過去にその計画が中止されたことになっているが、実はその後も実験開発が行われ、LSDのみならず多くの洗脳系精神薬が開発されたという。

そのひとつが他害性を極端に高める精神薬であるだろう。
またもうひとつは希死念慮を極度に高める薬品である。

これらは、服用した者を狙ったタイミングに合わせて発症させることができ、時には突発的凶行(通り魔、銃乱射、傷害事件など)を、時には動機不明の自殺などを引き起こすことができる。

その目的用途は例えば、政治問題など当事者勢力の都合の悪いことからマスコミの目をそらすために使用される。

現代ではしばしば奇妙なタイミングでセンセーショナルかつ大きな事件が突然起きることがあるが、その背景にこういった工作が密かに行われている可能性が考えられるのである。

国力や軍の力をも弱めるMKウルトラ計画

これらの薬品は一度完成すれば安価に大量に生産可能である。

そしてそれらを航空機等から散布(ケムトレイル)することで、多くの人々を精神疾患もしくはその予備軍にすることができる。

その結果、国力は低下し、また軍隊すら機能不全に陥らせることができる。
恐らく現代の軍隊はこういった攻撃に対して全く対策が行われていない。
想像すらしていないのである。
しかし、たとえば精神疾患がどれほど重大で不可逆なダメージを人間の知的活動に与えるかについて考え及ぶなら対策は必須なのである。

有名人がターゲットにされる理由

前述の通り、マスコミの目を逸らすためにセンセーショナルな事件を引き起こす必要があるからである。

それらが、芸能人、著名人の自殺、襲撃事件、また通り魔、大量殺人、銃乱射事件、などという形となって表れてくる。

マスコミも人々も首をひねる。
「なぜ、こんなに連続して有名人の不可解な自殺が起こるのか」
「なぜこの時期に、こんな事件が起きて一面を飾るのか」


なお、騒動後、あたかも乱入者が山上容疑者の模倣犯であるかのような無理筋のマスコミ批判をしている工作員が複数タイミングよく現れて、話題を協会から逸らそうとしているのが見受けられる。

これらも工作の疑惑をさらに強める根拠であるだろう。

果たして深層(真相)は?


いずれにせよ、今後も同種の事件が起きないとも限らない。
著名人の方々は我が身の安全に気を配ったほうがいいだろう。

  • 1
PR