花のサブスク!花に囲まれた暮らしをしよう!

FC2USER599800CBV さん

6 PV

花のサブスク

最近、話題になっている花のサブスクをご存知ですか?

花のサブスクは、「花に囲まれた生活をしてみたい」という願いを叶えてくれるんです!

花のサブスクなら、花が定期的に自宅に直接届くので、枯れてしまうたびにお花屋さんまで買いに行く必要もありません!!

お花を定期的に届けてくれる定額制の配達サービスが主流。お花の知識や花屋に足を運ぶ時間がない人でも、気軽にお花を生活に取り入れられるということで、近年注目の集まっているサービスです。

花のサブスクの選び方

花屋で受け取るサービスもあるものの、花のサブスクは生花を宅配するのが一般的。ポスト投函と通常配送の2種類から、ライフスタイルにあわせて受け取りやすいものを選びましょう。

仕事で日中家にいない人や忙しいときは、ポスト投函がうってつけ。不在でもパッケージした生花をポストに配達してくれるので、助かります。ただし、日時指定ができないことが多く、大きな花には向きません。

確実にきれいな状態で花を受け取りたい場合は、通常配達がおすすめ。手渡しなので、大きな花や鉢の受け取りにも向いています。外出が多い人は、日時指定ができるサービスを選びましょう。

花が届く頻度や利用期間が、自分の生活にあっているかも忘れずに確認してください。配送周期は毎週・2週間に1回・月1回と選べるものの、タイミングが悪いと花が切れたり、余ったりします。

切り花は、7~10日前後もつので、いつも花を自宅に飾りたい人には、2週間おきの配送がおすすめ。長持ちする花鉢やたまに花を飾りたい人には、毎月コースがよいでしょう。

継続期間は6回や1年間、解約まで無期限と選べるものの、最低限の利用回数が決まっているサービスもあるので要注意。出張で長期間自宅を開ける可能性がある人は、配達をお休みできるところを選びましょう。

一口にお花の定期便とは言っても、季節ごとに送られてくる花の種類にもそれぞれ違いがあります。自分が好きな花を届けてもらえるのが理想的ですが、希望の花が届くかどうか、お花のセンスが合うかどうか、ネットショップやカタログを見て慎重に判断しましょう。

お花の定期便には、鉢植え・切り花・苗など、いくつかのタイプがあります。

生け花やアレンジメントフラワーを趣味としている人には、切り花タイプがおすすめです。「種をまいてお花を育てるのは苦手で、苗から育てるのが楽しみ」という方には、苗のお届けがおすすめです。

「お花を育てる過程が面倒なので、花が咲いた状態で玄関やベランダに置いて鑑賞したい」という方には、鉢植えタイプが最適です。

お花の定期便サービスを利用していて、花の観賞を長く楽しむには、お花の鮮度を保ち、傷めないように工夫が必要です。「お花を届けたらそれが終わり」ではなく、お花が自宅に届いた後のメンテナンスにも丁寧に対応できる業者を慎重に選択しましょう。

とくに、切り花の定期便を利用する場合は、鉢植えの花よりも寿命が短いため、葉や花を傷つけないように細心の注意が必要です。

花を長持ちさせる方法について、業者の担当者に尋ねておくと良いでしょう。

お花の定期便サービスを利用する前に、受取り方法について事前に確認しておく必要があります。ほとんどの業者が宅配便のポスト投函に対応していて、専用の箱に入れて乾燥しないように配慮しています。

花屋さんが直接運営しているサービスでは、新鮮で枯れにくい花が届きます!

配達送料が別途かかるケースもあるのでしっかりチェックが必要です。地域によって送料がプラスでかかる場合もあるので、料金は送料込みで検討してくださいね。

また、配達地域が限定されているサービスもあるので、自宅が配送範囲に入っているかも事前に確認しておきましょう。全国各地に提携している花屋がある大手なら、フレッシュな花が受け取れますよ。

配達途中に傷まない工夫をしている業者を選ぶことが大切。とくに、ポスト投函で受け取りまで時間が空くサブスクは、水切れや花が潰れてしまうのが心配です。

切り花の場合は、茎の保水処理をしっかりしている業者がおすすめ。保水用のペーパーやビニール袋、専用ジェルで切り口保全をして届けてくれるかチェックしましょう。

花のダメージが心配な人には、ボックスに入れて宅配してくれるサブスクがぴったり。心配なら1回限定などのお試しをしてみるのも賢い方法です。

頼む前に!花のサブスクについて知っておきたいこと

  • 1
  • 2