【ほくろ除去】運気下がる?後悔などまとめ

FC2USER599800CBV さん

2848 PV

「顔のほくろが最近目立つようになってきて、1日も早く除去したい。でも失敗して後悔しないか心配」という不安を抱える方も多いのではないでしょうか。

ほくろ除去の施術で成功すれば良いけれど、一歩間違えれば大きなリスクを背負ってしまう可能性もゼロではありません。

①消えない跡が残った

ほくろの除去手術は、メスなどで切り取る「切開法」と炭酸ガスレーザーで削る「CO2レーザー」、穴を開けてくりぬく「パンチ法」などがあります。

切除法は治療部位の大きさや深さによって異なりますが、施術直後には相応の傷跡が残ります。切除法は縫い合わせが必要なため、見た目で分かるような手術痕となります。
CO2レーザーでは一時的に治療部位が赤くなり、陥没したような傷跡になります。尚、CO2レーザーはほくろの除去と止血処置が同時に行われるため、血が滲むようなことはありません。

「ほくろを除去してスッキリキレイな肌になれるかと思って施術を受けたのに、術後に消えない痕が残ってしまった」というケースも少なくないようです。

一般的に、クリニックにおけるほくろ除去の方法は、メスなどを用いる切開法・医療用レーザーによる方法・穴を開ける方法などがあります。

ほくろ除去の施術で後悔することのないように、ほくろの大きさや肌質などにより、どの方法がもっとも適しているのか、医師と相談の上、慎重に選択する必要があります。

占いは昔からあらゆる国で、様々な種類のものが親しまれてきました。タロットなど道具を使うものや、目つきや鼻の形といった人相、手相などで占うものなど、多岐にわたります。

人相占いでは、ホクロの有無や位置が大きなポイントになります。ホクロ占いといっても占に関係する位置はたくさんあり、顔だけでなく腕や足なども対象となります。このホクロの位置で人相占いの結果が変わることから、現在の状況に不満を持っている人の中には、ホクロを除去することで運気や運命を変えようと考える人も出てくるわけです。

例えば、浪費や損失に関わるホクロがあれば、それを除去して金運を上げようとか、恋愛運や健康運について、悪い意味のあるホクロを除去することで流れを変えようといった考えのもと、美容以外の意味でホクロの除去を考える人がとても多いのです。

医師としてはホクロの意味の根拠や、除去することで運気と運命が変わるかどうか判断しかねるのですが、そういった目的で来診される方がおられるのは確かです。そして、施術を受けたことによって運気が上昇したからかは分かりませんが、気になるホクロをきれいに除去したことで、表情が明るくなったという方は多くいらっしゃいます。 人は相手がどんな人なのか判断する時に、顔の印象が大部分を占めているといいます。

そういった点で考えると、ホクロというのは顔の印象に影響を与えやすく、どの位置にあるかでイメージが変わるのは確かです。ホクロを除去することにより良いイメージに変えることができると考えると、それにより相手に「この人といると楽しそうだな」、「この人は優しそうだな」と思ってもらえるようになることで、結果的に運が良くなるという見方ができるかもしれません。

気になっていたホクロをなくすことが相手にいい印象を与えることにつながり、今までよりも物事が上手くいっているように感じる。さらに、表情が明るくなることも好印象につながるといった好循環が起こることで、日常生活が今までよりも明るく楽しいものになっていっているという実感があるとすれば、ホクロを取ることによって運気や運命が変わるというのは、ある意味本当だといえるかもしれませんね。

ほくろ占いでは、「鼻の周辺にほくろがある人はお金持ちが多い」という話もよく聞きます。

しかし、ほくろのあるなしに関わらず、その人のもともとの性格・気質・運気に大きく左右されることはまずないと言って良いでしょう。

良い運をつかむのも悪い運に引っかかるのも、結局はその人自身の努力次第ですから、あまり占いに振り回されないように心がけましょう。

ほくろ(色素性母斑)と一言でいっても、ほくろのできる箇所や人によって状態はさまざま。肌の上層にあたる角質層にしか届いていないほくろから、肌の奥深い真皮層まで達するほくろまであります。

サイズも数ミリのほくろもあれば、全体で何センチものサイズに及ぶほくろなど多種多様。そのため、各ほくろに合わせた最適な施術法選びが大切なのです。

炭酸ガスレーザー法とは、ほくろ専用のレーザーでほくろの表面から削り取る施術法。後ほど説明する切除法と違い、メスで切開することがないので、傷跡が小さく治りが早い点が特徴です。

また、施術直後に直接強い刺激を与えないのであれば、洗顔や入浴・メイクも可能なので、顔のほくろを複数とりたい場合などに適しています。

ただし、炭酸ガスレーザー法の弱点は、切除法に比べて大きいほくろや根の深いほくろをいっぺんに切除するのには不向きだということです。メスで切り取る切除法と比べると、色素細胞を完全に取り切ることができず再発する恐れもあるといわれています。

ですが、かといって炭酸ガスレーザー法で一度に深くレーザーで削り過ぎると、術後の肌が”陥没”する恐れがでてきます。そのため、炭酸ガスレーザー法で除去を試みているほくろが想定以上に根が深い場合、1度で取りきろうとするのではなく、2度に分けて施術を行ないます。

炭酸ガスレーザー法以外のほくろ除去だと「切除法」が一般的です。切除法はメスでほくろを施術方法であり、ほくろ細胞を根っこから取り除きやすいため、術後の再発は極めて低いです。

このように切除法は再発が極めて低いわけですから、ほくろ除去にはもってこいのような感じもします。ですが、炭酸ガスレーザー法にはない切除法ならではのデメリット(特徴)がありますので、切除法を行なうかは、クリニックの医師に相談のうえ決める必要があります

ほくろ除去の施術では、0%とはいえませんが、除去後のほくろ再発は極めて低いです。そのうえで、炭酸ガスレーザー法と切除法でいえば、炭酸ガスレーザー法のほうが再発する可能性は高いです。

そもそもほくろとは医学的には色素性母斑と言い、ほくろ除去の施術では色素細胞まで丁寧に除去する必要があります。

万が一、施術の際に色素細胞の部分まで除去されず、術後に残ってしまった場合は、数年後に再発するリスクもけっしてゼロではありません。

再発して、もう1度手術を受けることのないように、再発リスクをしっかりと未然に防いでおきたいものです。

ほくろ除去の世辞油津の選び方によっても、数年後に再発するリスクもありますので、要注意です。

メスを使わない施術として炭酸ガスによるレーザー法でほくろを除去する人もきました。ほくろができた部位に対して切開せずにほくろ除去できるので傷痕が残りにくいのが大きなメリットです、

  • 1
  • 2
PR