EDの原因とは?

FC2USER599800CBV さん

6 PV

ED(勃起不全)とは、「勃起機能の低下」を意味する英語Erectile Dysfunctionの略です。

専門的には「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること」とされています。

つまり、勃起が起こらないケースはもちろんのこと、硬さが不十分、勃起状態が維持できないなど、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は、いずれもED(勃起不全)となります。

1998年に行われた調査によると、中等度ED「たまに勃起、性交中勃起は維持できる」と、重度ED「勃起せずに性交不可能」の日本人男性(成人)は、約1130万人でした。

年代別に見ると、なんと日本人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中等症以上のED(勃起不全)ということになります。ED(勃起不全)は身近な疾患と言えるのではないでしょうか?

精神的なストレスがあると、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。このEDを心因性EDといい、その原因は実にさまざまです。仕事や夫婦関係など日常生活におけるストレスが原因となることもあれば、性交がたまたまうまくいかなかったことよるトラウマが原因となることもあります。

比較的早い段階でご結婚されている場合、まだ世間的には元気なはずの20代後半や30代前半であっても、夜の夫婦生活がうまくいかないケースは多くあります。愛していないわけではなく、奥様に魅力を感じないわけでもないのに、緊張感が緩み過ぎてしまい逆にうまく勃起しないといった症例です。

外ではいくらでもその気になれるのに、家ではなぜかうまく行かないというのは、実は既婚男性ならどなたでも少なからず感じるものでしょう。「手放しの安心感」が良くも悪くも、性的な興奮を制御してしまっているのかもしれません。このようなケースでも、ED治療薬の力を借りればお望みの形で楽しい夫婦の営みを築ける可能性があります。

このタイプのEDでは、「また失敗するのではないか」という不安が大きなストレスとなり、EDを悪化させることもしばしばです。

加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。

糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかるために、しばしば動脈硬化が進行していることがあります。そのため、結果としてEDが起こりやすくなります。また、喫煙や過度の飲酒も同様の理由から、EDを引き起こす原因と考えられています。

その他、神経が傷害される病気(脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、一部の泌尿器系の病気でもEDが起こりやすくなります。

普段から常用している薬の副作用が原因で起きてしまうEDのことを、薬剤性EDと呼びます。特に、20代の若い世代で精神安定剤や抗うつ薬・睡眠薬・向精神薬を服用している方がEDの症状を訴えている場合や、降圧剤や高脂血症治療薬、胃潰瘍治療薬などを長期に服用している方は薬剤性EDを疑うようにしています。

特に注意が必要なのは、薬剤性EDのことを知らずに、今あるEDの症状を『年をとったせいだ』と勝手に判断したり、うつ病の方が『EDも心の病』だと思い込んで更に病状を悪化させる可能性があるという点です。

薬によって引き起こされる性機能障害は、男性のEDのみならず、女性でもオーガズムを感じにくくなるなどの症状が考えられます。しかし日本では海外と比べて、性機能について専門で治療している医療機関が少なく、また医師に相談する割合も少ないといわれます。

常用薬は、主治医とよく相談をして、その効果や副作用も十分に理解しておきましょう。

とくに、近年は精神的なストレスが原因で、EDを発症する30代・40代の男性が増える傾向にあります。

クリニックにおけるED治療では、初回来院時に専門医が丁寧にカウンセリングを行い、EDの原因を突き止め、原因に見合う治療法について提案します。

飲酒・運動不足・生活習慣・喫煙などが原因で、EDになる可能性もあります。血圧の高い人や糖尿病の人、動脈硬化症状がある人も、EDになるリスクが高くなるので、持病がある人はその病気に対しても治療が必要となる場合があります。

ED治療機器では、おもにレノーヴァ(RENOVA)が使われることが多いです。

レノーヴァ(RENOVA)は、世界で初めてのED専用の治療機器として注目を集めています。レノーヴァによるED治療は、短時間で済むので仕事帰りの方にも気軽に治療が受けられます。

  • 1
  • 2