おいしい魚のコロッケの魚ロッケ(ぎょロッケ)

魚のすり身を使ってコロッケ状にした揚げ物、通称魚ロッケ(ぎょロッケ)が新鮮な魚介が名物な地域で人気です。

燃えPaPa さん

16 PV

魚ロッケ(ぎょロッケ)またはぎょろっけとは、魚カツの一種(揚げかまぼこのうち、カツに該当するもの)。佐賀県・大分県・山口県内の各地で散見される。
魚肉のすり身(ミンチ)にタマネギ、ニンジンなどの野菜をみじん切りにしたものを混ぜ、カツレツの手法を応用して、パン粉を付けて揚げたもので、中身が魚で寸法や外見がコロッケに類似しているところからその名が付けられた。

佐賀県唐津市では藤川蒲鉾本店が昭和初年代に商品化した。当初は「ハイカラ天」や「カレー天」や「パン粉天」等と呼ばれたが、いつしか『魚ロッケ』と呼ばれるようになった。テレビ局の取材を受けた人が“魚ロッケ無くして唐津は語れません”と言ったほど、地元庶民に愛される食べ物である。

  • 1