歯の矯正の値段はどれくらい?

FC2USER599800CBV さん

6 PV

矯正歯科治療(歯列矯正)は、歯並びが悪いことで起こる悩みやトラブルを解決することを目的としています。

原因となる不正咬合を、患者様自身の歯を活かしながら、キレイな歯並びに改善します。矯正装置を装着し、ゆっくりと力をかけて歯を動かし、歯並びや噛み合わせを調節していくのです。

歯並びが美しく整うことで、結果的に顔の形や見た目の印象に良い効果を得ることが期待できます。

歯科矯正の種類

▼ワイヤー矯正

ワイヤー矯正では、矯正装置であるブラケットを歯にとりつけます。

そこにワイヤーを通し、動かしたい方向に向かって歯に適切な力をかけ、徐々に移動させることで歯並びを整えます。装置のとりつけや調整はすべて歯科医師が行います。

ワイヤー矯正の治療範囲は、奥歯までを含めたすべての歯列と噛み合わせを整えるための「全顎(全体)矯正」と、前歯を中心に整えたい部分のみに特化した「部分矯正」とがあります。

外科的な治療が必要とされるのは、矯正歯科治療のみで噛み合わせや歯並びの改善が難しい場合です。

上下のあごの骨が大きくズレていたり、あごの大きさなどのバランスが悪かったりするケースが挙げられます。

「あごがズレている=すべて外科的治療を必要とする」というわけではないので、このようなケースでもまずは歯科医師に相談してみてください。

マルチブラケット装置を舌側(歯の裏側)に装着して、歯をならべる矯正治療です。

外側に装置が見えないのが最大のメリットです。
奥歯で見えない部分は一部外側に装置を付ける場合もあります。

上の歯だけ舌側矯正治療を行い、下の歯は外側につける方法もあります。
下の歯は、装置がついていてもそれほど目立たないことと、上下とも舌側矯正よりも治療費が安く済むことが特徴です。

舌側矯正では歯の裏側に装置が付くため、特に下顎では舌の入る部分が少し狭くなります。

以前よりも装置がずいぶん小さくなりましたので、発音障害は少なくなりましたが、慣れるまでは若干舌足らずな発音になる場合があります。

▼マウスピース矯正

周囲に気付かれずに歯を矯正する方法として、今ポピュラーとっているのがマウスピース矯正のインビザラインです。

インビザラインとは、マウスピース矯正の一環として行われる歯科治療です。

これまで歯の矯正治療は銀色のワイヤーを使った方法 (ワイヤー矯正) がよく使われていましたが、インビザラインでは透明のマウスピースを使うのが大きな特徴です。

インビザラインに使われる素材はとても軽くて柔軟性に富み、歯に装着しても違和感を感じにくく、自然な付け心地です。

基本的な使い方はほぼ1日中装着しますが、歯磨きや食事をする時は外すことができます。

インビザラインを導入するにあたり、歯並びが悪いすべての人に必ずしも適しているというわけではなく、歯の状態からドクターが診断します。

インビザラインはすでに世界100カ国超の歯科医院で導入されており、日本国内でもポピュラーな治療法となりつつあります。

インビザラインは従来の歯の矯正治療とは違い、締め付けられた感じがなく痛みを感じることも少ないです。周囲にも気づかれることはまずないので、人目を気にする必要もなく、ストレスフリーです。

インビザラインは、基本的に使い捨てタイプであるため、その都度洗う必要もなく、衛生的にも安全・安心です。

食事前に自由に取り外しができるので、食べかすが詰まる心配もなく、口腔内にダメージを与える心配もありません。

歯科矯正治療の費用相場は、約10万〜150万円(税別)。

  • 1
  • 2