ゴキブリに気をつけるべき時期とは?

FC2USER599800CBV さん

9 PV

ゴキブリ(英語: cockroach)は、昆虫綱ゴキブリ目(Blattodea)のうちシロアリ以外のものの総称。

なおカマキリ目と合わせて網翅目 (Dictyoptera) を置き、Blattodeaをその下のゴキブリ亜目とすることがあるが、その場合、ゴキブリはゴキブリ亜目(のうちシロアリ以外)となる。

2億5千万年前には存在していたといわれる最古の有翅(ゆうし)昆虫。多くの人が最も嫌いな害虫として挙げる、嫌われ者です。ゴキブリは見た目が不快なだけではなく、病原菌の媒介やアレルギーの原因にもなります。

ゴキブリはとても足が速く、1秒間で体長の50倍の距離を移動できます。人間の身長に換算した場合、危険を察知したゴキブリのスピードは、なんと時速300Km以上。

新幹線よりも速い計算になるから驚きです。発見した際になかなか仕留められないのも頷けますね。

咬むときの強さも規格外!エサがない環境下では、強靭な咬合力を活かして共食いをはじめます。

また、しばしばテレビやエアコンなど電化製品のコードをかじって漏電させたり、電化製品内に潜入してはフンや死骸が原因でショートを引き起こしたりすることも…。

ゴキブリの発生時期

「そういえば、寒い時期にはゴキブリの姿をあまり見かけない」と気づいている方も多いことでしょう。ゴキブリは高温多湿な環境を好むため、夏に活動が活発化します。

春から秋に成長し、25℃を超えると繁殖活動も活発になります。冬が近づくと活動が鈍くなるものの、暖房の効いた家の中など、20℃以上の温度の場所には1年中生息しています。

気温が20度をこえると、孵化した幼虫が活発に動き出します。

春は新生活の始まりで引っ越しをされる方も多いかと思います。引っ越すときに気をつけなければならないのがダンボールです。ゴキブリはダンボールについていたり、卵などを付着させることができるので注意が必要です。

幼虫となったゴキブリは、越冬するためのすみかを探します。特にダンボールの隙間はゴキブリにとって格好の隠れ家となります。ダンボールの断面の波打つ空間も、産卵場所としてよく使われます。構造上、暖かさと湿度が保たれ、しかもちょうどよい狭さと暗さも備わっているためです。

ゴキブリが成虫になる夏前に対策をすれば、あの黒い影を家の中で見ることもなくなりますよ!

ゴキブリの対策・駆除

ゴキブリ駆除は一見簡単そうに見えて実はかなり難しいと言われています。

そのため、素人が市販の殺虫剤をまいたところで、完全に駆除するのは極めて困難です。

ゴキブリ駆除を専門の業者に一任したほうが、素人が行うよりも駆除率ははるかに高いです。

素人が行う場合は、市販の殺虫剤やホウ酸ダンゴなどを使って対策しますが、ゴキブリの生命力と繁殖率は極めて高いので、思ったほどの効果は期待できません。

その点、専門の業者は業務用の道具や薬剤を用いて駆除します。

ゴキブリが好むエサのような駆除剤を用いるなど、プロならではの匠なテクニックでゴキブリをおびき寄せ、一気に駆除することも可能です。

専門の業者はゴキブリ駆除一筋に長年の実績があり、その中で培ってきた知識と技術力を活かして徹底的に作業するので成功率は高いのです。

ゴキブリ駆除を専門の業者に依頼しておくことで、作業完了後もアフターフォローやサポートが受けられます。

作業完了後には衛生面での細かいチェックや、駆除業者の観点からのアドバイスなど、困った時に頼りになる強い味方となってくれます。

また、業者によっては定期訪問など万全なサポート体制を整えているところもあるので、安心です。

▼業者をどう選ぶか

良い業者を選ぶには、ゴキブリの駆除実績が豊富であることが前提となります。実績が豊富な業者であれば、安心しておまかせできます。

ゴキブリ駆除業者の創業年数と実績について、徹底的にチェックしておくと良いでしょう。

また、どのような方法で駆除するのか、情報リサーチしておくことをおすすめします。

  • 1
  • 2