似合う髪型がわからないときはどうすればいい?

FC2USER599800CBV さん

9 PV

「100点満点!すごく似合ってる」と自信を持って答えられる人は、そう多くはないはずです。

きっと誰もが「もっと自分に似合う髪型あるのでは?」と理想のヘアスタイルを探し求めているのではないでしょうか。

良くも悪くも髪型を少し変えるだけで、あなたの印象が”180度”劇的に変化します。

ヘアスタイル雑誌を見て、「こんな髪型にしたい」と思っても、髪質や顔の形によってはイメージ通りにならない場合もあります。

まず、自分の顔の形を知ることが大切なのです!

卵顔とは、鶏の卵の形を逆さまにしたような顔のタイプを指します。

さらに詳しく言えば、おでこがふっくら型で眉毛の下からあご先の横幅がほぼ1対1の割合です。フェイスラインは全体的になだらかな流れで、あごの部分が引き締まった感じの形状です。

卵型の女性は、基本的にどんなヘアスタイルにもなじみやすく、違和感がありません。

ただし、おでこの横幅の狭さが気になる場合は、前髪を眉毛スレスレくらいまで長く伸ばすと目立たなくて済みます。

逆におでこが広い場合は、髪の生え際の部分をぼかした感じにするとバランスが良く見えます。

髪の長さはショート・ロング・セミログのいずれもOK、ゆるめにふわっとしたカールで、フェミニンな印象になります。

顎先があまり尖らず、アンニュイな印象がある四角顔さん。丸顔さんよりも顔の縦のラインが目立ち、スマートな雰囲気を持っています。

顔全体のラインが全体的に四角を描いたように直線的なので、男性的な雰囲気に見られがちです。

顎ラインのカーブが大きい方は、四角顔の可能性大!

四角顔さんに似合う髪型のポイント
・サイドの毛束に動きを出す
・前髪は隙間を作り軽くする
・全体が重く見えないように軽さを出す

男女ともに理想の顔の形は卵型と言われており、四角型や逆三角形型と比較すると顔全体のバランスが良いです。

どんな髪型でも自然に調和するのが卵顔の長所でもあり、言い換えれば「こんな髪型もいいけど、あんな髪型にもしてみたい」と選択肢が多く自由度が高いです。

ただし、1つ注意点を挙げておくと、額の部分を隠してしまうと丸みのある輪郭がより強めに出てしまうので、前髪は下に垂らさないほうが無難でしょう。

ひと昔前は長髪が流行した時代もありましたが、ある程度短いほうが清潔感があり、良い印象を持たれます。

  • 1
  • 2