どんだけみんな猫好きなんだ!?という猫にまつわる名言・格言

世の人々がいかに猫好きかがよくわかるような有名な猫に関する名言や格言の数々を集めてみました。

燃えPaPa さん

13 PV

もし動物が喋れたら、犬はぶっきらぼうで、遠慮なくものを言う正直な奴だ。
ところが猫は、余計なことを喋り過ぎないという希有な才能を見せることだろう。

もし道に迷ったら、一番良い方法は猫について行くことだ。
猫は道に迷わない。

単独で行動する猫は、ひとつの目的を持ち、自分の意のままに行動するが、犬は主人同様、頭の中が混乱している。

猫に関する究極の謎は、そもそも何故「家猫」になることを決意したかである。

猫を理解するには、彼が独自の才能と独自な見地、独自な倫理観まで持っていることを悟らねばならない。

美学的に完璧なものが世の中に二つある。
時計と猫だ。

犬は呼ばれるとすぐにやって来る。猫はメッセージを受け取り、後で折り返す

犬を飼うことはできるが、人は猫に飼われている。猫は人間がなかなか役に立つ家畜だと知っているのだ

ネコに迎え入れられることより心が暖まることは、人生にはそうない。

ネコはどこに座れば我々が不便になってしまうか、 その正確な場所を数学的に計算できる。

ネコの目には、全てのものはネコに属していると映っている。

この世でどうネコに接するかが、天国でのステータスを決める。

ネコは犬よりも利口だ。雪の上でそりを引いてくれるネコを8匹も集められない。

一匹のネコから次へと広がる。

どれだけ多くの時間をかけても、猫との良き思い出は消えない。どれだけ多くのテープを使おうと、ソファに残されたネコの毛は取り除けない。

たとえ9回生まれ変わっても、あなたの猫があなたを理解しているほどに、あなたが愛猫を理解することはできないだろう。

例えば猫の場合だが、彼らは黙して語らない。
その代わり深く考え、さまざまに思いを巡らせる。

猫を追うより、皿を引け

  • 1