暑い季節の強い味方の麺料理「冷やし中華」

暑い時期でも麺料理が食べたい、でも熱いラーメンは遠慮したい、そんな人向けの冷たい麺の代表格、冷やし中華のご紹介。

燃えPaPa さん

9 PV

夏に食べたい麺類の冷やし中華

冷やし中華(ひやしちゅうか)とは、冷やした中華麺を使った料理の一種。野菜、叉焼やハム、錦糸卵などの色とりどりの具材を麺にのせて、冷たいかけ汁を掛けて食べる、夏の麺料理として日本各地で食べられている。地方によって、呼び方に相違がある。
日本では昭和初期から知られている。中国の冷やし麺「涼拌麺(英語版)(涼麺)」をルーツに持つとされるが、味も作り方も大きく異なるものであるため、一般的には日本発祥の料理とみられている。

茹でた中華麺を冷水で『シメる』のが特徴で、素麺と並んで夏の食べ物とされる。
典型的な盛りつけは、深めの皿全体に麺をなだらかに盛り、具として細切りにした、肉類(ハム、チャーシュー、蒸し鶏など)、錦糸卵、夏野菜(キュウリやトマトなど)を、放射状に彩り良く配し、かけ汁(醤油と酢あるいは芝麻醤(ゴマだれ)など)をかけ、薬味として辛子を添える。

  • 1