ほうとうという山梨県が誇る伝統麺料理

幅広麺に具沢山の、食べ応え満点の山梨県の郷土料理であるほうとうのご紹介。

燃えPaPa さん

12 PV

山梨名物ほうとう

ほうとう(餺飥)は、山梨県を中心とした地域で作られる郷土料理。2007年には農林水産省により各地に伝わるふるさとの味の中から決める「農山漁村の郷土料理百選」の中の1つに選ばれている。 かつて山梨ではほうとうをうてないと嫁に出せないと言う文化もあった。
基本的には小麦粉を練りざっくりと切った太くて短い麺を、カボチャなど野菜と共に味噌仕立ての汁で煮込み、熱いうちに提供される料理の一種である(麺料理には限らない)。但し先述の形態が必ずしも「ほうとう」の基準とは限らず、たとえば一部地域では小麦粉以外の穀物を使用するものやすいとん的な小塊のものがある、味噌の代わりに小豆や醤油で味付をしている、麺を冷やしてざるに盛り付けるなどされている。また外食では食べやすいよう麺が細かったり野菜以外に肉や海産物を入れて提供するなど様々である。一般のうどんのように煮た麺に各種素材や味噌などの調味料を加えた調理法を取ることも稀である。

  • 1