【閲覧注意】いじめの復讐(体験談リンクまとめ)

一生消えない心の傷となるのが悪質ないじめ。窃盗、暴行・傷害、レイプ・強姦など、刑事事件と同等の犯罪行為も少なくありません。トラウマを抱えた被害者による復讐は加害者本人だけでなく家族に及ぶことも。因果応報。悲惨・壮絶な修羅場など。2ちゃんねる、Twitterより。

kabusake さん

2721 PV

【重要】まず、証拠を集めることが重要

(カバン、体操着など)一連の紛失や(ノートの)糊付けは、写真部の先輩に隠し撮りして貰って全て証拠確保済み。(わざとそう言う事が出来るように教科書を机に置いていったり、自分がいない状況を作った。)
ある程度証拠が溜まった所で現像した写真とされて来た事を付けてた日記帳のコピーと一緒に担任に提出。

事無かれ主義な担任はそれを握り潰した。
それは想定済みだったので、今度は校長室・教育委員会にいじめの事実として提出。
尚、この段階で「担任に相談したけど何もしてくれなかった」旨を加筆していた。
“これで動かなきゃ文部省とマスコミにリークするかぁ…”
くらいの気持ちでいたが、教育委員会に持っていったのが良かったのか、後日主犯及びその周りの親から謝罪がありました。
当人達は顔が腫れる程殴られたり髪の毛丸坊主だったりな姿で土下座。
その後教科書の弁償と慰謝料名目のちょっとしたお小遣いゲットした。
担任は途中で変わった。
そっからの学園生活は腫れ物状態だったが、更に快適に過ごせた。

「担任に相談」する。握りつぶされたら、担任が何もしてくれなかった旨とともに、「校長室・教育委員会」に証拠を提出する。

【参考】いじめはトラウマに

【参考】復讐への執着は危険!?

いじめの体験談(創作が含まれる可能性あり)リンク集

  • 1
  • 2