通販で揃える車載ソーラー発電【DIY】

星を撮った翌日に電池残量を気にせず、ゆったり過ごしたかった

まとめにすと さん

12 PV

カメラの電池、レンズウォーマーの電池、スマホの電池、タブレットの電池、WIMAXの電池、携帯の電池、モバイルバッテリー・・・撮影を終えた明け方には多くの機器が電池切れ。

明け方までゆったり気分で星を撮ったら、昼過ぎまでまったり過ごしたいのだけれど、電池切れでは、起き抜けに何かを見つけても写真が撮れないし、スマホやタブレットで撮影した写真の確認もできない。

何かをするには、まったり過ごすのを諦め、機器を充電するために車を走らせなければならない。

そんなジレンマを解消するための構想、計画、具現化。

昼過ぎにはバッテリが満充電になってしまい、チャージコントローラがバッテリーへの電流をほとんど流さなくなる状況。
正直、消費電力が発電電力に全く追いつかず、電力有り余って、車内に何の電化製品を持ち込もうか検討中。

スライドドアのヒューズから常時電源のラインを引きずり出して、ケーブルを繋ぎ変えることで車のバッテリーも充電可能にしてみた。

★発生費用概算

ソーラーパネルは不良品を返却する時を考えて1年保証のある国内販売品。
意外と大きな電流になると気が付き火事になると困るのでチャージコントローラやケーブルも国産メーカー品。
バッテリーは車載のものと同じサイズを考えて探していたけど、意外と安かったのでディープサイクル。
試行錯誤した挙句、特徴ない中途半端な構成に落ち着く。

ソーラーパネルが吹っ飛ばないことを優先に考えてルーフキャリアはTERZO
ステーはできるだけ単純な部材を選択。

★調達品一覧

単結晶シリコン 100W 14,530円
--------
100W高品質単結晶シリコン
1210x540x35mm 8.2kg
公称最大出力:100Wp
公称最大出力動作電圧(Vpm):18.5V
公称最大出力動作電流(Ipm):5.41A
公称開放電圧(Voc):22.4V
公称短絡電流(Isc):5.9A
最大システム電圧:1000V
モジュール電池変換効率:>18.69% 許容誤差:±3%
使用温度範囲:-40℃~85℃
セル数:36
寿命(定格出力の80%を維持)>25年
製品保証:1年間
バイパスダイオード内蔵
パネル内逆流防止機能有

電菱 太陽電池充放電コントローラー(20A) solar Amp B SA-BA20 3,856円
------
91×55×29(mm) 70g
システム電圧12Vdc
最大入力電圧25Vdc
動作可能最低電圧6Vdc
太陽電池入力電流20A
負荷電流20A
自己消費電流2mA
充電電圧14.4V
フロート充電電圧13.7V
過電圧保護18V
低電圧保護エラー11.5V,復帰12.5V
過温度保護エラー80℃,復帰60℃
適合電線最大#10AWG 最小#12AWG
温度補正-30mV/℃
動作温度範囲-20~60℃
保存温度-30~70℃
湿度5~95%RH

ディープサイクルバッテリー M31MF 12,790円
-----
H237mm,W330mm,D173mm,26.5kg
商品名ボイジャー M31MF 115Ah
CCA値*1625CCA
MCA値*2900MCA
RC*3180分
サブ端子径プラス:7.9mm  マイナス:7.9mm
容量115Ah(Ah20Hr率) 12V
*1 CCA -18度の気温の中で30秒間に電圧が7.2Vになるまでに流すことの出来る電流
*2 MCA -1.1度の気温の中で、満充電されたバッテリーから30秒間引き出せる電流
*3 RC 満充電から25Aの負荷をかけて完全放電するまでの時間

5m*2本(片端 MC4型コネクター付 1,970円
3m*2本(コネクタなし)1,000円

MC4 型 コネクター 5組セット 専用 工具 スパナレンチ付き 2,001円

SODIAL(R) DC 20A パネルメータ電圧電流電力エネルギーモニタ 1,085円

DC 0~20V 85C1-Vクラス2.5電圧計 279円

SODIAL(R)85C1アナログ電流パネルメータDC30A AMP電流計 264円

SODIAL(R)アナログ電流計 DC 20A 75mV 分周器 シャント抵抗 192円

⑩圧着端子(参考/所有物を使用)