ほうれい線にも効く!卵殻膜美容液のいろいろまとめ!

FC2USER599800CBV さん

8 PV

ほうれい線とは「鼻の端」と「唇の端」を結ぶ2本線のことです。

「老け見え」最大の敵、深いほうれい線。実はこれ、頰骨の下に並ぶリガメント(靭帯)のこわばりが大きな原因なのだそうです。

ほうれい線(ほうれいせん、(漢字表記: 豊麗線、法令線、豊齢線)とは、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。
医学関連分野(美容外科学も含む)の専門用語では鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれる。

卵殻膜美容液は、赤ちゃんのようなプルプルな肌に近づけると話題のアイテムで、乾燥・シワ・ほうれい線といった肌の悩みにも良いと注目を集めています。

卵殻膜美容液とは?

卵殻膜美容液は、その名の通り卵殻膜という成分が配合されている美容液です。今、美容に関心が高い人たちの間では人気が高い美容液の一つ。

卵殻膜というのは、卵の内側についている薄い膜のことで、主成分は、タンパク質。人の肌や髪に大変近い構造をしていると言われており、約20種類ものアミノ酸で構成されていると言われています。

卵殻膜美容液は、卵殻膜から抽出した成分を配合している美容液になっており、お肌の潤いに欠かせないコラーゲンをつくる手助けをおこなってくれる働きがあり、年齢とともに減少してしまうコラーゲンを保持することで、年齢に負けないまるで赤ちゃんのようなプルプルの肌へと導いてくれます。

卵殻膜美容液は、コラーゲンの生成を手助けする効果から、肌に弾力やうるおいを与え、シワなどのないプルプルで赤ちゃんのような肌へ導いてくれる効果だけでなく、美白効果をサポートする働きもあるので、シミやそばかす、くすみなどの悩みをも解決してくれ、理想的な美肌を叶えることができます。

卵殻膜美容液の効果は?

コラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、18種類のアミノ酸などで構成されていて、人の髪や肌に近いたんぱく質が主成分です。

美肌の素が自然な形で含まれているのが特徴ですね。

そのためシミ・しわ・たるみ・ほうれい線など、さまざまな年齢肌悩みの改善に効果が期待できます。

赤ちゃんの肌がプルプルなのは、Ⅲ型コラーゲン(ベビーコラーゲン)を多く持っているから。

Ⅲ型コラーゲンは素肌のハリの素で、25歳前後を境に肌から減少していきます。

肌からⅢ型コラーゲンが減少すると、ハリが失われ、たるみの原因に…。

ここで卵殻膜の出番です!

卵殻膜を肌に補うことで、大人の肌でもⅢ型コラーゲンの量が増加します。

使い続けるほどに肌にハリ感が出て、プルプルの肌を実感できますよ♪

卵殻膜にはシスチンというアミノ酸が豊富に含まれています。

シスチン含有量が多い小麦や大豆と比較しても、卵殻膜のシスチン含有量は圧倒的ですね!

シスチンは体内でL-システィンに変化します。

L-システィンは、シミやそばかすに効く美白化粧品の主成分として有名ですよね。

効率よくL-システィンを肌に補えることで、シミやシワの改善に効果が期待できます。

卵殻膜は人の肌の持っているアミノ酸で構成されています。

そのため肌なじみがよく、肌の角質層までしっかり浸透。

潤いを与え、柔らかくプルっとした滑らかな肌を保ちます。

保湿力抜群で、乾燥肌対策にバッチリです。

卵殻膜美容液はどう選ぶのがいい?

▼濃度で選ぶ

卵殻膜美容液は洗顔後の化粧水の前に、導入美容液として使うと良いと言われています。

そのため、卵殻膜エキスの濃度が高いほど有効成分が浸透しやすいので、できるだけ濃度が高い商品を選ぶことがおすすめです。

▼品質で選ぶ

直接肌につけるものだから、無添加で国内生産されているものが安心ですね。数ある卵殻膜美容液の中でも無添加であることと国産であることは事前に確認するようにしましょう。

▼口コミを参考に選ぶ

卵殻膜美容液という名称の商品は次々登場していることから、出来るだけ実際に使用した方からの口コミが多く評価が高い商品を選ぶようにしましょう。

実際に使った方が肌の変化を感じたり、リピートしたりしている商品なら、初めて卵殻膜美容液を使用する方も安心して購入できますね。

卵殻膜美容液を試す前に

  • 1
  • 2