ルート配送の仕事内容は?きついって噂は本当?

ルート配送の仕事内容などについてまとめてみました。

FC2USER778237VWM さん

18 PV

ルート配送の仕事内容

ルート配送の仕事内容について見てみましょう。

■ルート配送の仕事とはどんな仕事?

ルート配送とは事前に契約された内容に従い、予め決められたモノを決められた道順に従って車で運び、納品を行う配送方式の事です。

ルート配送は、コンビニエンスストアやスーパー、宅配業界、一般の企業や個人に対しても広く行われています。

毎日決まった場所から出発して、決まった場所に荷物を配送する仕事です。お菓子や飲料水、お弁当やパンなどを決められた時間にコンビニの店舗に届ける仕事が代表的。

またメーカーが直接運営する自動販売機を回るのも、ルート配送の一種ですし、スーパーマーケットもルート配送で各店に商品を届けるところが多いようです。

ルート配送がきついという噂の真偽

ルート配送がきついという噂の真偽はどうなのでしょうか。

■ルート配送ドライバーとして働いている方々からの評判は?

トラックドライバーというと、長距離ドライバーのイメージが強く、仕事がきついというブラックなイメージを持っている方がまだまだ多いですが、実際に働いてみると、勤務時間や休みもキチンとしていて、予想外だったとの声が多く聞かれます。

■1人で担当するので体力が必要?

運転や荷物の出し入れなどを自分だけで行う必要があり、配送先の数や荷物の量によっては予想以上に体力を消耗する場合もあるでしょう。

運動不足の人などがその実情を知ると、自分にはきついと思い込んでしまうことがあります。

■ルートを回りきるから残業が多い?

ルート配送は、1日に回る仕入先が明確に指定されており、こちらの都合で翌日以降に配達を持ち越すわけにはいきません。

そのため、交通事情などによって想定外の遅れが生じると、やむをえず残業をしなければならないケースもあります。

■肉体的なきつさは少ない!

ルート配送の仕事は積み込み、荷降ろし共に手作業になる事がほとんどです。

手作業というと一見大変そうに思われるかもしれませんが、実際には手で持てないような大きく重たい荷物はなく、各店舗に分けて降ろす事になるので、体力的にキツイということはありません。

■人間関係のトラブルがない

ドライバーの仕事全般に言えますが、荷物を積んで出発した後は快適です。ただし運転中の喫煙やスマホ操作などは結構周囲から見られているので、会社の代表として仕事をしている以上は我慢しましょう。車内では音楽聞くのも自由だし解放感があります。自由と規律正しさをきちんと認識し、人と接している時に挨拶と言葉遣いがしっかりできればストレス少ない仕事と感じることができるはずです。

ルート配送に向いている人

ルート配送に向いている人とは、どういう人なのでしょうか。

■長距離の運転が苦手

運転は好きなんだけど長距離は眠たくなるし、道に迷う心配もあるしどうも・・・なんて方にはルート配送の仕事がオススメです。

■「毎回同じルート」に安心感を覚える人

「同じルートを運転し続ける」ということに対して安心感を覚えるなら、ルート配送向きデジ。対して「トラックでいろんな地方に行ってみたい」「いろんな道を運転してみたい」といったタイプの人には向かないデジ。

■あまり他人とかかわりたくない人

荷物の積み込み時や、荷下ろし時に店舗や倉庫の人と会話が発生することはあるデジが、時間通りに荷物を配送しなければいけないこともあり、仕事中に長時間の会話が挟まることは滅多にないデジ。つまり他人との会話が苦手な人にもルート配送はぴったりデジ!

  • 1
  • 2