パーソナルトレーナーのやりがいや役立つ資格について

筋トレで筋肉をつけるのをサポートしたり、運動で人の健康をサポートできるのがパーソナルトレーナーです。パーソナルトレーナーは資格を取得せずとも仕事はできますが、資格を取る方が多いです。パーソナルトレーナーの資格は何があるのかご紹介します。

FC2USER392529UOK さん

4 PV

パーソナルトレーナーのやりがい

パーソナルトレーナーは運動を通じて人をサポートします。
仕事をしていく上では、以下のようなやりがいを感じる方が多いようです。

■人の悩みを改善していくこと

個々の顧客の悩みに応じて指導るパーソナルトレーナーは、顧客の悩みをダイレクトに解決に導き、
改善する場に立ち会うことができます。この点が一番のやりがいといえます。
たとえば、ダイエットしたい顧客がいたとき、パーソナルトレーナーは顧客に対して体重や体脂肪率の目標を設定し、その目標を達成するためにあらゆる面からサポートします。

■お客様が喜んでくれる

パーソナルトレーナーにとっての最大のやりがいは、お客さまが目標を達成し、喜ぶ姿を見られることだといえます。
ゴールに向かっていく一歩一歩は小さいかもしれませんが、自分がサポートすることで確実にお客さまの身体が変わっていき、それによって心まで元気になることはよくあります。

■お客様が目標を達成したとき

パーソナルトレーナーのやりがいとは、指導している選手や顧客の願いがかなったとき、成長が見られたときです。これまでのやり方に間違えがなかった、自分のサポートによって担当している選手などの力が伸びたという事実は、パーソナルトレーナーにとって誇りにも繋がります。

パーソナルトレーナーに依頼をするということは、何かの目標があったり、改善点を抱えていると予想されます。その達成に向けて、共に汗を流したり、目標に向かって励んだりした結果、目標を達成したときにやりがいや喜びを感じるのです。

パーソナルトレーナーになるには?

パーソナルトレーナーは、スポーツジムやフィットネスクラブで働きます。
必須の資格はないですが、運動や筋肉に関する知識は必要です。

■資格は必須ではない

パーソナルトレーナーになるための公的な資格はありませんが、民間の資格はいくつかあります。保有していると採用の際に有利になったり、クライアントを獲得するうえでアピールにもなるため、取得する人が多いようです。

■身体や食事に関する知識が必要

パーソナルトレーナーはフリーランスで活動をする人も多くいますが、身体やトレーニング、食事に関する専門的な知識の習得は必須といえます。
そのため、まずは体育大学やスポーツ系の専門学校でこれらについて学び、フィットネスクラブなどへ就職して経験を積んでいく人が比較的多いようです。

■働く場所はいくつかある

まず1つ目はパーソナルトレーニングジムやフィットネスクラブなどで正社員かアルバイトとして働くこと。2つ目がパーソナルジムを独立開業すること。3つ目がフリーランスとしてパーソナルトレーニングジムなどと業務委託契約することです。

パーソナルトレーナーを目指す人におすすめの資格

パーソナルトレーナーになるには資格は必須ではありませんが、取得すると身体や食事の知識があることを証明できます。
パーソナルトレーナーを目指す方におすすめの資格をご紹介します。

全米ストレングス&コンディショニング協会の認定資格。ケガの予防やパフォーマンス向上に重点を置いているのが特徴。4大卒、もしくは同等である学位があることがこの資格受験の前提条件。

NSCA認定試験の1つで、CSCSは認定ストレングス&コンディショニングスペシャリストという意味になります。主に、アスリートやチームに対して、パフォーマンス向上を目的とした、トレーニングプログラムを計画したり、実行したりする知識や技術を有する人材を認定する試験です。

人材育成のプロであるNESTAのトレーナー規格、「PFT(パーソナルフィットネストレーナー)認定」は、フィットネス・ウェルネス業界で国際的に認知され、そのクオリティは大手のフィットネスクラブからも高い信頼を得ています。

  • 1
  • 2