自然素材の家のメリットやデメリットについて

自然素材には、素材そのものの機能や性質を活かしたものが多数あり、快適な生活を演出してくれます。
自然素材の家のメリットやデメリットを理解して、効果的に取り入れてみてはいかがでしょう。

FC2USER577663JIL さん

63 PV

自然素材の家のメリット

自然素材は、扱いやすさや耐久性、リーズナブルさを追求した人口素材と比べると、少し扱いにくくも感じるかもしれません。
にもかかわらず、自然素材が高い注目度を誇るのは、どういったメリットが関係しているのでしょうか。

太陽熱、木質ペレットなどの自然エネルギーを積極的に利用するため、環境に負荷がかからない

無垢材は鉄やコンクリートに劣らない強度があり、耐震性にも優れている(年月を経るとさらに強度が増していく)

無垢のフローリングにしても、本物の塗り壁にしても、
見栄えがいいです。

インテリアも映えるし、豪華です。

別に、友達に自慢したいとか、褒めてもらいたいという理由でなくても、
結果的にそうなってしまうのです。

自然素材の家で使われる素材

自然素材と一口にいっても、種類はさまざまです。
以下は、代表的な素材の一例です。
それぞれに特徴や質感、機能が異なるので、空間や役割に合ったものを選びましょう。

無垢材とは、丸太から切り出した自然な状態の木材。手触りや機能性も加工済みの集成材とは異なり、風合いや温かみ、使えば使うほど深まる木材の味わいが人気を集めています。

自然素材の家では、コルク(炭化コルク)が使われています。なぜなら、化学素材を使わない断熱材だからです。

住宅にコルクを入れるときは、アロンアルファのような天然の樹脂(ヤニ)を利用しています。そのため、ホルムアルデヒドなどのカラダに悪い素材は含まれていません。

■天然リノリウム

天然成分で作られているため、有害物質が発生しない
亜麻仁油が持つ抗菌作用により、清潔な状態を保ちやすい
黄色ブドウ球菌に対して抵抗を持つ
発火する温度が非常に高いので、燃えにくく安全性が高い
静電気も発生しにくいため、ホコリが溜まりにくい

珪藻土は、珪藻の殻の化石を原料とし、漆喰は石灰石を原料としています。
住宅では、職人の手による塗り壁である左官壁の材料として使われることが多いです。

珪藻土には、目に見えない穴が無数に存在します。
これが非常に高い調湿性能を発揮してくれると同時に、嫌なにおいを吸収してくれます。

自然素材の家づくりで実績豊富な住宅会社

自然素材は、天然の性質を活かして使用するため、扱いが難しいという特徴があります。
そのため、天然素材の家を建てる際には、実績豊富な住宅会社に相談しましょう。

■大平工業株式会社

大平工業株式会社ではシックハウスの原因ともなる、化学物質を使用した合成素材を使わず、すべて自然素材で施工を行ないます。お客様に健康な家をお届けすることが、私たちのこだわりです。安心して家づくりをお任せください。

会社名 大平工業株式会社
所在地 〒251-0044神奈川県藤沢市辻堂太平台1-3-19
TEL 0466-34-3291

■みづほ工房

みづほ工房は、一時的な流行に捉われすぎず長く愛され、長く必要とされる住まいを目指しています。地元の風景となじみ、どこかなつかしさも感じられる、何十年経っても家族が落ち着ける居心地のよい住まいづくりを行っています。それは、いつまでたっても「帰りたくなる住まい」です。そしてその愛着が家族代々受け継がれていくことを願っています。

商号 みづほ工業株式会社(Mizuho Industry Corporation.)
所在地 〒921-8064 金沢市八日市5丁目562番地
TEL 076-240-7010(代表)

■Blue Style株式会社

ブルーの家では歴史が証明する天然無垢材にこだわり、お客様が永く安心して暮らせる
丈夫な構造材で住まいを創りあげていくことが使命だと考えています。
数百年をかけて徐々に強度を増していくという無垢の木の特性を活かした自然素材で創る木の家だからこその、丈夫な建物構造です。

Blue Style 株式会社 YDH Design works 一級建築士事務所
〒350-0433 埼玉県入間郡毛呂山町西大久保10-1
TEL.049-294-1741

  • 1
  • 2