家の傾き放置は危険!どうやって修繕する?

家の傾き放置が危険だと言われる理由や修繕方法などをご紹介していきます。

FC2USER522962SYS さん

6 PV

家の傾きを放置するリスク

家の傾きを放置するとどのようなリスクがあるのでしょうか?

■建物へのダメージ

家が傾くことで、家を支える骨格である基礎部分や構造材に、亀裂やゆがみが生じてしまいます。

■窓やドアが閉まらない

家の傾きが酷くなってくると、ドア枠や窓枠も歪んでくるため玄関のドアや窓が閉まらなくなります。また、ドアが勝手に開いたり閉まったりすることもあります。

■体調不良になる

傾いた家に住み続けると、平衡感覚がおかしくなり、さまざまな不快な症状を引き起こすケースがあります。
実際「頭痛や肩こりがひどい」「疲れが取れず、だるい」「めまいや吐き気が続く」といったお悩みがある方も、多いのではないでしょうか。

■建て付けが悪くなり隙間風が吹く

家が傾き始めるとドアや窓などの建具の建て付けが悪くなるため、完全に閉められずに隙間ができやすくなります。そのため、常に隙間風が吹くようになる可能性があります。

家の傾きを修繕する方法

家の傾きを修繕する方法をご紹介していきます。

■硬質ウレタン注入工法

住宅の基礎の下部に空間ができて傾いている場合に有効で、その空間部分に硬質発泡ウレタンを注入してすき間を無くし、傾きを元に戻します。費用がリーズナブルで工期が短いというメリットがあります

■アンダーピニング工法

住宅の基礎の下に長い鋼管を埋め、さらに深いところにある硬質地盤にまで刺すことで、地盤をしっかりと支えます。また、家の傾きはジャッキアップによって修正します。

■耐圧版工法

耐圧版工法とは耐圧版を反力に修正する工法です。

騒音や振動などの発生が少ないですが、地盤沈下が収束していない場合は一時的な措置になってしまうため、再度沈下が発生する可能性があります。

家の傾き修繕を得意とする業者

家の傾き修繕を得意とする業者をご紹介していきます。

  • 1
  • 2