アデランスが開発した人工毛ってどんなもの?今は人毛と見分けがつかない!

最近ではウィッグの需要が急増しています。以前世は違って女性からの需要が上がったことが原因です。アデランスでは人毛と見分けがつかないレベルの人工毛「バイタルヘア」を開発しており、多方面で使用されています。

人狼マスター さん

7 PV

人工毛って?

人工毛とは文字どおり“人毛に近い毛髪”を化学繊維で作られたもを指します。使用されている素材にはポリエステル繊維をはじめ、アクリルや塩化ビニールなどさまざまです。

価格の安さや速乾性、形状記憶に優れているのが特徴で、カツラやオシャレウィッグから医療ウィッグ、植毛にも使用されることがあります。

人工毛の特徴として、メリットは耐久性に優れていて、つけ心地も軽いのでスタイリングしやすいという点と、速乾性があるというのが特徴です。

一方、デメリットとしては熱や静電気に弱いことや、化学繊維独自のテカリがあり不自然に見えるなどが挙げられます。またシャンプーなどの洗剤は専用のものを使用しなければならない、パーマやカラーリングできないなど一定の手間もかかってしまいます。

ウィッグに使われているのは人工毛の他にも、本物の人毛や人毛と人工毛とのミックスなどがあります。

もちろん人毛の方が値段が高いのですが、人工毛では出せないツヤやリアリティがあり、多く人から支持されています。

人工毛に使われている繊維

耐熱性や形状記憶性がありスタイリングもキープし続けることができます。主にオシャレウィッグや医療用ウィッグとして使用されています。人毛に似た手触りをしており、クシ通りも良いのが特徴です。

軽くて柔らかいのが特徴です。主にエクステンションなどの付け毛に利用されています。

人毛に似た見た目です。光沢感があり柔らかい感触で、ストレートヘアーやポニーテールなどの髪飾り品に使われることがあります。

人毛に近い感触と光沢感があります。吸水性が良いのですが耐熱性があまりありません。主に温泉やプールで使用できるウィッグ用に使用されています。

このように様々な繊維が存在しており、どれもメリット・デメリットがあります。

自分がどのように人工毛をアレンジしていきたいか、何を求めているのかで変わってくるので、自分の目的と相談して決めましょう!

人工毛を開発したアデランス

株式会社アデランス(Aderans Company Limited)は、日本にて創業し、世界に展開する総合毛髪のグローバルリーディングカンパニーであり、ウィッグの他、同社が展開する男性向け育毛・増毛サービスのブランド名でもある。名称はフランス語で「接着・付着」を意味する「adhérence」に由来するものである。

日本ではアートネイチャーと並ぶシェアを誇る総合毛髪企業のトップメーカーとして君臨し、また、近年はヘアスカルプ事業、美容事業、ヘルスケア事業、芸能用のウィッグやヘアーメイキングなどにも取り組んでいる。欧州への事業展開やアジア展開、北米では自毛植毛および医療毛髪再生のボズレー社や北米最大のトータルヘアソリューション企業であるヘアクラブ社をグループ化しており、総合毛髪のグローバル企業である。

また、積極的にCSR(企業の社会的責任)を推進し、円形脱毛症や抗がん剤で脱毛している子供達に40年以上、医療用ウィッグを無償提供している。また、大学との産学連携の皮膚・毛髪研究を積極的に実施している。創業は1968年。

アデランスはウィッグ以外にも多数の薄毛対策商品を発売しており、もはや薄毛治療の代表格とも言えるかもしれません。

現在の日本では人工毛を開発している唯一の企業であり、現在でも新しい人工毛を開発しています。

なぜ近年需要が高まっているの?

その理由の1つが、ウィッグを求める女性ターゲット層の変化です。これまでウィッグのお客様といえば、薄毛や白髪のお悩みを持つ60代以上の方がほとんどでした。しかし最近では、「おしゃれ」としてウィッグを使う40~50代の方も増えています。

そこでレディースアデランスを立ち上げ、今では女性向けの商品の売上が弊社全体の7割近くを占めるほどになりました。実際、日本の毛髪市場は約1370億円と言われるなか、女性向けが706億円を占め、市場全体でも男性を上回ってきています。

高齢社会のなかで団塊世代を中心としたアクティブシニアが、ファッションを楽しんだり、出かける機会も増え、ファッションとして髪を整える重要性が高まっているのだと考えています。

過去には男性用のかつらが多くありましたが、現代では女性、しかも若い年齢の方々もウィッグを必要としています。

逆に男性はAGA治療が台頭していることもあり、ウィッグ需要は年々下がっているようです。

アデランスが開発した最新人工毛

  • 1
  • 2