おすすめの動画配信システムや選び方について

社内研修や自社製品のPRに動画配信は役立ちます。自社で配信システムを構築することもできますが、構築方法がわからないと言う場合もあるでしょう。そんなときに使えるのが、動画配信システムです。

FC2USER392529UOK さん

4 PV

動画配信システムの選び方

動画配信システムは、どのような目的で使うか、誰が動画を見るかなどにより選び方が変わります。

■サポート充実の配信機能を選ぶ

初めて動画配信システムを導入する場合、操作が簡単なシステムでもサポート体制がしっかりしている業者を選んでください。特に問題が起きた時に電話サポートがあると安心です。メールや問い合わせフォームだけでは状況をうまく文章で説明できないこともあり、解決までに時間がかかる恐れがあるからです。

動画配信システムを選定するときは、自社の利用目的を明確にし、必要な機能要件を洗い出しましょう。導入目的が自社内の研修用なのか、ユーザーに対する動画配信なのかで、必要な機能が大きく異なります。

■利用料金の形態

動画配信システムには大規模アクセスにも耐えられるようにCDNを利用している場合が多いです。
そのため、契約の中で動画の配信量に制限がかかっていて超えてしまうと従量課金になるサービスも多く見受けられます。
利用した分に応じた支払いですのでさほど気にしなくても良いかもしれませんが、予め予算が決まっている場合には超過する可能性がないかどうか計画を立てつつプランの検討をしましょう。

■システムの方式

動画配信システムには、オンプレミス型システムとクラウド型システムがあります。オンプレミス型にはセキュリティ面の強さやカスタマイズ性が高いなどのメリットがあり、クラウド型には導入コストの削減やストレージの拡張性が高いなどのメリットがあります。

おすすめの動画配信システムとは?

数ある動画配信システムの中から、おすすめのシステムをご紹介します。

ミルビィは動画配信サービスをコアに様々な業界向けのソリューションを提供してきました。
これまでに培った技術とノウハウが評価され700件以上のお客様に採用された実績があります。
今後も動画配信の技術を磨き貴社のビジネスの成功をサポートします。

■クラストリーム

無料の動画配信システムは商用利用しようとする場合、意外と高いハードルがあります。「クラストリーム」は課金機能も備わっており、安心して商用利用が可能です。
コンテンツを多くお持ちの映像制作会社様などに安心して活用いただけるサービスです。

・ 録画した動画をクラウド上にアップロードすることで簡単に配信できます。最短5分で動画配信がスタート可能です。
・ライブ中継によるリアルタイムな動画配信も可能です。
・視聴はマルチデバイス対応です。(スマートフォン・タブレット端末でも可)

■PrimeStageR 映像配信サービス

2001年3月の提供開始以来、15年以上の実績を誇るサービス提供型動画配信プラットフォームです。マニュアルやセミナー、IR説明会などさまざまな動画をオンデマンドやライブで、パソコン、スマートフォン向けにストリーミング提供できます。アクセス制限や不正利用からのコンテンツ保護などの映像配信ソリューションも提供します。

どんな時に動画配信システムが活躍する?

小規模から大規模まで、動画配信システムは様々なシーンで活躍します。

社員は自分のPCから自分の都合に合わせて教育動画を閲覧することができるため、場所を用意したり、参加者のスケジュールを調整するといった必要もなく、効率的な社員教育が実現できています。また、「誰が」、「いつ」動画を閲覧したかを分析できる機能のついたシステムを導入すれば、教育の進度を把握することもできます。

  • 1
  • 2