家庭教師選び!掲示板を見る際にチェックしておきたいこととは

家庭教師を依頼する際にどんな家庭教師に依頼すればいいか迷ってしまいませんか?そこで、家庭教師を選ぶことができる掲示版の紹介を依頼のコツを特集しました。

FC2USER078613OTX さん

5 PV

家庭教師について書かれた掲示板

家庭教師を依頼する際に参考にしたい掲示板を紹介します。

当サイトは、家庭教師を検討している保護者に役立つ情報が満載です。

部活が忙しくて勉強する時間がない。テレビやゲームに夢中。塾に行かせても効果なし…。

子供を持つ家庭は、少なからず勉強に関する悩みを抱えていることでしょう。それを解決する方法として、家庭教師を検討されている方のために、このサイトを立ち上げました。

「生徒募集」の個人契約掲示板です。生徒を募集している大学生・社会人・プロ講師の方のプロフィール(学歴・最寄り駅・希望時給など)を確認して直接依頼のメールを送信できます。掲載料・利用料・紹介料は一切不要です。下記よりご在住の都道府県をお選び下さい。

理想の家庭教師を見つけて個人契約できるから、授業料を大幅に抑えて、弱点克服~成績アップ!
採用決定時のみの後払い(紹介料以外一切不要)で、希望の先生が見つかるまで面接も無料!
紹介料金は「9,800円」だけ。

良い家庭教師の選び方とは

家庭教師はどんな風に選べばいいのでしょうか。良い家庭教師に巡り会うために知っておきたいことを見てみましょう。

■そもそも家庭教師ごとに特性があることを理解すること

・生徒のモチベーションを管理するのがうまい教師
・数学の問題などをロジカルにわかりやすく解説できる教師
・優しく生徒の悩みに寄り添いながら授業を進められる教師

■どんな先生に見てほしいかイメージをすること

自分が求める教師像を明確にイメージする。

■先生の性別は影響する?

生徒さんとの相性がいいのであれば性別は関係ありません。しかし、同性の先生を希望する生徒さんが多いという傾向はあります。

大手の業者であれば登録している複数の先生の中から派遣してくれますので、性別の希望があるのであれば契約の段階で伝えたほうが良いでしょう。

家庭教師を上手に利用するコツ

良い家庭教師に巡り会うことのほかに、家庭教師に依頼する際のコツを紹介します。

■依頼する際は子どもの特徴を伝えること

子供と相性の良さそうな先生をしっかり家庭教師会社にできるだけ細かく伝えましょう。

■家庭教師へ依頼目的を正確に伝えること

家庭教師を利用する目的にはさまざまなものがあります。受験対策なのか勉強の遅れを取り戻したいのか。下の例のように目的を細かく伝えられると良いでしょう。

苦手な英語を克服したい。
学校の授業についていけないので、復習したい。
定期テスト対策をしたい。
高校受験が近づいてきたから、対策の勉強をしたい。
勉強へのやる気を高めたい。

■学習計画作成を依頼する

やみくもに勉強するだけでは、なかなか成績は伸びません。たとえば野球で甲子園を目指したいのにグラウンドの走り込みだけしていても、試合で勝てるようにはなりません。素振りや試合も頑張る必要があります。

効率良く学力を高めるには、「今、何をするべきなのか?」を考えて勉強することが大切なのです。

学年末では試験範囲が広いため、二週間前や
一週間前に範囲が発表されても、9教科を勉強するためには
時間が足りなくなってしまうこともあります。

今の時点で、学年末に不安がある人は、範囲の
発表を待たずに、早めに勉強をスタートしておくことが
大切。記憶は長い期間繰り返していくことで定着するので
早いうちからテスト勉強に取り組むことも作戦の一つです。

その生徒の目標に適した『効率の良い勉強方法』とは、生徒本人が現状の学力を把握し、プロ家庭教師の計画した学習プランの内容に十分納得することから始まります。そして、その勉強方法に確信が持てた時、初めて『効率の良い勉強方法』への入り口に立つことができるのです。これが、プロ家庭教師の仕事の始まりです。

■つまづいている点を伝える

  • 1
  • 2