ハゲる前にやめろ!避けるべきシャンプー成分一覧!

大手の宣伝に騙されないでください。避けるべき市販のシャンプー成分を一覧紹介。自分の家のシャンプーボトルの裏を要確認

ザ・旅ガイド さん

3 PV

高級アルコール系

「高級アルコール」とは、品質が高級ということでなく、炭素の数が12〜18個からなる油のことを指す●水に溶けやすく、皮脂や油汚れに高い洗浄力を発揮

「高級アルコール系シャンプー」に属される成分は

ラウリル硫酸ナトリウム
ラウレス硫酸ナトリウム
ラウレス硫酸アンモニウム
有名なのはこの3つです。

これは『高級アルコール系界面活性剤』と呼ばれています。

これらが配合されているシャンプーを『高級アルコール系シャンプー』と言われています。




高級アルコール系シャンプーの特徴
特徴は2つあります。

まず1つが洗浄力と脱脂力が強いことです。

なので

ハードなスタイリング剤を使用する人
頭皮がベタつきやすい人
汗をかきやすい人
におすすめです。

しかし、その反面

頭皮のフケやかゆみで悩んでる人
パーマやカラーをしている人
髪のダメージを気にしている人
にはあまりおすすめ出来ません。

あともう1つ特徴があります。

それは原価が安いことです。

安いのにしっかり洗ってくれるので市販品によく使われています。

なので、コストを抑え安価で販売できるのです。

動物性の脂肪酸とアルカリが反応した石けんと同じ天然由来の界面活性剤を使用していて、環境にやさしいことがひとつのメリットと言えるタイプです。成分表の先頭から5番目以内に、「石けん素地」、「石けん分」、「脂肪酸ナトリウム」、「脂肪酸カリウム」などの記載があれば、石けん系シャンプーでしょう。

天然由来の洗浄成分が含まれるということで頭皮への刺激は強くないですが、洗浄力は強いことが特徴です。頭皮や毛髪の脂分が落ちやすいため、頭皮のべたつきが気になる脂性肌の人や、スタイリング剤をよく使用する人に向いています。

デメリットは、髪の長い人や量が多い人が使用すると、髪がきしむ、まとまりにくくなることがあることです。また、頭皮が乾燥ぎみの人には向きません。カラーやパーマをしている人は、毛髪が変性して硬化する場合もあるので、使わないほういいでしょう。また、販売アイテムは、高級アルコール系やアミノ酸系に比べてかなり少ないです。

アミノ酸シャンプーのメリットは、洗浄力が優しく頭皮への刺激を最小限に抑えて洗えることです。

適度な洗浄力が、頭皮の皮脂を落とし過ぎることなく、頭皮に必要な潤いを残して洗いあげることができます。

肌に優しく保湿効果が高いので頭皮環境の改善も期待できます。

ココイルグルタミン酸Na
ヤシ油から得られる脂肪酸とグルタミン酸で作られるアミノ酸系の陰イオン界面活性剤。頭皮や皮脂に対して刺激が少なく、マイルドに洗い上げられる。
コカミドプロピルベタイン
ヤシ油から作られるアミノ酸系(もしくはベタイン系)両性界面活性剤。キメの細かい泡質とヘアコンディショニング作用が特徴でアミノ酸系シャンプーによく配合される。
コカミドMEA
ヤシ脂肪酸から作られる非イオン界面活性剤。陰イオン界面活性剤と組み合わせることで、洗浄性・泡立ち・泡のきめ細やかさを強化できる。

  • 1