初心者でも使いやすい動画配信システムについて

近年はさまざまな場面で動画配信システムが活躍しています。
今回は、初心者でも使いやすい動画配信システムについてまとめてみました。

FC2USER833936GQJ さん

2 PV

■動画配信システムの選び方

こちらでは、動画配信システムの選び方について見ていきましょう。

どんな動画を配信するか決めておく

動画配信システムではアップロードできるファイルについて制限が設定されている場合があります。1ファイルあたりの容量だったり、トータルのファイルサイズだったりするので、個々の動画ファイル及び合計のファイルサイズを試算して見積もりを検討してください。

サポートがあるかをチェックする

初めて動画配信システムを導入する場合、操作が簡単なシステムでもサポート体制がしっかりしている業者を選んでください。特に問題が起きた時に電話サポートがあると安心です。メールや問い合わせフォームだけでは状況をうまく文章で説明できないこともあり、解決までに時間がかかる恐れがあるからです。

セキュリティは万全か

動画配信システムで、最も重視すべき機能はDRM(デジタル著作権管理)です。
動画に含まれる情報の中には、外に漏らしてはいけない、簡単に流出しては困る内容が含まれていることがありますよね。
たとえば、経営に関する情報や、社内の機密情報などが、動画配信システムを導入したことで逆に漏洩してしまったら…利便性を求めて行った施策が、大きな損害に繋ってしまうことになりかねません。そういう事にならないためにも、動画コンテンツに、セキュリティ対策を行えるシステムかどうかは選ぶときの大事なポイントでしょう。

必要な機能が搭載されているか

多様に活用できるからこそ、闇雲にサービスを探す前に、なぜ自社で動画配信システムを導入するのかはしっかりと考える必要があります。皆さまが、今回動画配信システムを利用したい理由はなんでしょうか?

このように、さまざまな選び方があります。

■初心者でも簡単に使える動画配信システムとは?

こちらでは、初心者でも簡単に使える動画配信システムについて見ていきましょう。

クラストリーム

基本プラン内に必要な機能がほぼ備わっています。画期的なのが、2倍速の早送り再生でもよく聞き取れる「聞こえる倍速」機能。長時間の動画を効率よく視聴できると塾やセミナーから人気。

700社以上の導入実績

ミルビィは様々な業種・業界で700社以上の企業での導入実績があります。その実績から動画に関わるさまざまなニーズや問題を解決してきました。参考になる事例が多数ありますので安心してご利用頂けます。

ULIZAは「動画コンテンツ配信」と「プロフェッショナルサービス(受託開発や運用代行など)」の2つのソリューションで構成されています。「動画」に関わる各種サービスの導入から運用までを一気通貫でお任せいただくことができるため、煩わしい要件定義や工程管理から解放され、動画ビジネスへの参入を迅速に行うことができます。

このように、さまざまなシステムがおすすめされています。

■動画配信システムの活躍シーンとは?

こちらでは、動画配信システムの活躍シーンについて見ていきましょう。

イベント会場の映像を、離れた場所のパブリックビューイング会場で表示したり、空港、駅などに設置されているお天気・情報カメラの映像を別の場所で活用したり、今現在起きていることを別の箇所で表示することで、様々な方法で映像を活用することができます。

商業施設や公共機関

デジタルサイネージは、商業施設や駅・店頭・公共空間など、様々な場所で利用されているディスプレイなどの映像表示装置を利用した案内表示システムで、様々な利点があることから普及が進んでいます。

  • 1
  • 2