ラウンドアップが危険って本当?除草剤に関する正しい情報をまとめました

世界中で広く使われているラウンドアップ。農業でも大活躍していて、雑草をピンポイントで枯らすことが出来る優れものです。その一方で風評被害に悩まされていることも事実で、怪しい論文が拡散されてしまうこともあります。

ふぇふww さん

6 PV

ラウンドアップ

ラウンドアップ (英語: Roundup)とは、1970年にアメリカ企業のモンサントが開発した除草剤(農薬の一種)。

有効成分名はグリホサートイソプロピルアミン塩。グリシンの窒素原子上にホスホノメチル基が置換した構造を持つ。イソプロピルアンモニウム塩ではないグリホサート自体の分子量は169.07で、CAS登録番号は1071-83-6である。

ラウンドアップはグリホサート系の除草剤であり、特に『ラウンドアップマックスロード』という名前の製品が広く普及しています。ラウンドアップマックスロードの成分は、グリホサートカリウム塩液剤を48%含んでいます。植物の葉や茎にかかることで効力を発揮し、その植物を根まで枯らします。

出典 https://flights-ag.com/blog/herbicide/84/

日本での商標権(登録商標第1334582号ほか)と生産・販売権は、2002年に日本モンサントから日産化学工業へ譲渡され、保有している(ただし2013年5月現在、日本で販売されているラウンドアップは、ベルギーにあるモンサントのアントワープ工場で生産されたものを輸入している)。

日本ではホームセンターや大型スーパーなどで購入することが出来るラウンドアップ。しつこい雑草も一発で除草できて、水にも強い使い勝手の良い除草剤です。

ガーデニングを行っている人や素人の人でも簡単に使うことが出来るので、根強い人気があります。

除草剤(じょそうざい)は、植物(雑草)を枯らすために用いられる農薬である。接触した全ての植物を枯らす非選択的除草剤と、農作物に比較的害を与えず対象とする植物を枯らす選択的な除草剤に分けられる。植物ホルモン類似の効果で雑草の生長を阻害するものもある。

除草剤は芝生の管理、道路などの雑草防除や農業に広く使用される。林業、牧草地、また野生生物生息地の保護(たとえばガラパゴス諸島)などにも用いられる。

1970年代にはアトラジンが導入されたが、これはヨーロッパなどで地下水を汚染しているのではないかと疑われている。アトラジンの分解には数週間かかり、降雨によって地中深く浸透すると考えられるためである。このことを「キャリーオーバーが多い」と称し、除草剤としては望ましくない性質である。

グリホサート(商品名: ラウンドアップ)は、1980年代半ばに導入された非選択的除草剤で、直接接触したすべての植物を枯らす。現在では遺伝子操作により、これに耐性を有する作物が開発されたため、雑草防除用の主要除草剤となっており、除草剤と耐性作物種子(遺伝子組換え作物)が合わせて売られるようになった。

育てている作物以外の雑草を枯らしてしまう革新的な農薬でした。しかし使い方を誤れば作物にも影響が出てしまう事も考えられます。

ラウンドアップにはグリホサートというモンサント社が開発した化学成分が使用されており、それが雑草を根から枯らしてくれるのです。

ラウンドアップを使う際の注意点

除草剤を使う際には、しっかりとした防護用品を身につけましょう。服装の基本は、汚れてもいい長袖の作業服。粒剤やシャワータイプではそこまで厳重にする必要はありませんが、噴霧器などを使う場合は必須です。もちろん防護マスクやメガネも忘れずに。想定外の場所への飛散を防ぐため、風が強い日は避けましょう。

皮膚に直接除草剤がかかる事を防ぐため、手袋やマスクを必ずつけ、長袖の作業着を着用して下さい。
 雑草が生えた場所には蚊などの害虫がいる可能性もある為、虫除けスプレーを利用すると良いでしょう。
 万が一皮膚に付着した場合は、ただちに石鹸でよく洗い流してください。

お子さんやペットがいるので、庭に除草剤を使用するのは心配、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方は、食品添加物や食品由来の天然成分のみで作られたものを選ぶようにしてください。

人と同様に散布当日は、散布した場所にペットが入らないように注意してください。また、ラベルの記載以外には使用しないでください。
薬液がペットに付着しているようでしたら洗ってください。また、いつもと様子が違うようであれば、念のため獣医師にご相談ください。

基本的には安全性が高いと言われているラウンドアップですが、使用方法を間違えてしまえば人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

特に子供がいる家庭では、幼児の手の届かない場所に保管し、使用する際も細心の注意を払って使用しましょう。

ラウンドアップは家庭でも大活躍!

ご自宅から離れた不動産の土地管理は、手入れを怠ると雑草に覆われ、害虫や獣害の温床になることもあると言われています。
ご自宅から離れた場所の、効率的な雑草管理にご活用いただけます。

どうしても根が残るから、むしってもむしっても、すぐに生えてくるおうちの雑草。長時間の作業で、虫刺され、熱中症、日焼け、腰の痛みなど、作業前から気が重くなりがち…
経済的な雑草対策には、うすめて使うお得な希釈タイプのラウンドアップマックスロードが有効です!

ラウンドアップ除草剤の有効成分“グリホサート”はもっとも簡単なアミノ酸である“グリシン”と“リン酸”の誘導体です。ラウンドアップも同様の成分を含んでおり、普通物※1に分類されます。
ラウンドアップは野生生物・鳥類・昆虫類にも極めて安全性が高く、世界の環境保護区や、世界遺産の保全に、広く利用されています。

農業分野でも使われているラウンドアップですが、家庭の草むしりの代わりとしてラウンドアップの散布を行う手もあります。

ラウンドアップの成分は土に吸収されるので、有効成分が残り続けることもありません。しかし自宅で使う際は上記の注意をしっかりと守りましょう。

ラウンドアップは安全なの?

雑草の茎葉にかからずに土に落ちた成分は、土壌の粒子に吸着して表面近くに薬剤の層を作り、土中の雑草種子から伸び始めた芽などに作用して出てくる雑草を長く抑制します。そのため、植付けを予定している場所ではお使いいただけませんが、従来品より2~3カ月長く雑草の発生を抑えます。
やがて最終的には微生物により炭酸ガスなどに分解され、その後消失します。

セミナーに参加した農家の一人は「ラウンドアップを使わないと、価格が高く効き目の小さい農薬を使わざるを得なくなり、日本の多くの農家が困ることになるだろう」と評価する。

 雑草を枯らす効果は高いのだが、分解速度も速いため、雑草が枯れたあとに有用作物(コムギやイネなど)を植えてもそちらを枯らせることがない。きわめて使い勝手のいい農薬なのだ。