美大合格のために!おすすめの美術予備校について

美大を受験する際には、多くの方が美術予備校に通います。美大合格のための、おすすめの美術予備校についてまとめてみました。

FC2USER778237VWM さん

10 PV

美術予備校の選び方

美術予備校は、どうやって選べばいいのでしょうか。

■大手のメリット

・たくさんの人と比べることができる

→周囲の人は同じ年代の人と仲良くなり、お互いに友達やライバルとして励みになります。浪人生も多いので、絵の参考になります。

また、作品の講評は一覧に並べて順位をつけて行うので、たくさんいたほうが自分がそのたくさんの中の、どのぐらいの順位という位置かが客観的に分かるのがいいところだと思います。

■小規模のメリット

・割と親身になって指導してくれる

→生徒と講師の距離が近いので、講師が生徒の癖や進捗状況をかなり把握しています。なので、その人にあった指導をしてくれる場合が多いです。

■美術予備校の選び方のコツ

結論からいうと居心地です。

何故かと言うと、居心地が良いほうが成長するからですね。暗い気持ちで行きたくないですよね。

例えどんなに合格の実績や学生数が充実していても、予備校に実際に行ってみて、肌に合わなければやめた方がいいです。

美大受験に役立つ美術予備校

美大受験に役立つ美術予備校について、見てみましょう。

■湘南美術学院

在籍する講師陣は全ての方が東京芸大をはじめとする、有名美術大学・大学院卒。それぞれ専攻した分野で教鞭を振るっているため、講師の実力は折り紙つき。テレビに出る人気講師も。受験を突破するという目先の目標だけでなく、その先 美術分野でどう活躍していきたいのか、という、将来までも見据えたレベルで、生徒一人ひとりを個別指導とも言えるほど手厚く 親身に指導しています。個人面談もしっかりしています。

■すいどーばた美術学院

本学院では、油画、日本画、デザイン・工芸、彫刻、他各科とも、基礎勉強の徹底と、一人一人の個性に応じた展開をめざし、経験豊かな指導スタッフが、美術を志した若者とのふれあいを大切に、情熱をもって指導にあたります。

■御茶ノ水美術学院

OCHABIでの学びは、大学で必要とされるクリエイティブな能力の基礎部分の養成です。
この力は、大学での学びや自己鍛錬、将来の就職や制作にも役立てられる重要な力であり、
それを踏まえ高い目標を掲げ、個々の成長を見守り、
志望大学への合格へとつながる学びの場を提供しています。

■河合塾美術研究所

芸大・美大受験指導に特化した美術研究所では、受験教育とアーティスト・デザイナー教育の両立を掲げ、皆さんの夢への一歩を応援します。美術を学ぶことは、自らの感性で世界を見つめ、考え、表現する力を身につけること。一人ひとりと対話するていねいな個人指導、充実したカリキュラムと学習環境で、しっかりと個性を育んでいきます。

■新宿美術学院

美術の世界という特別なステージに進路を取ることは、受験生にとって大きな覚悟がいるものです。目標を抱き、夢を描き、美大を目指すと決意した受験生に応えるため、私たち新美も自信をもって、受験生一人ひとりと向き合っていきます。

美術予備校の注意点

美術予備校を選ぶ際には、以下のポイントに注意しておきましょう。

  • 1
  • 2
PR