施工管理技士の仕事内容と条件の良いおすすめの派遣会社

施工管理技士の仕事内容と条件の良いおすすめの派遣会社などの情報をご紹介していきます。

FC2USER522962SYS さん

4 PV

建築施工管理技士の仕事内容

建築施工管理技士の事をあまり知らないという方のために、まずは建築施工管理技士の仕事内容についてご紹介していきます。

建設工事が設計図通りに、予算内に安全に行うための工法を計画します。
具体的には、工事に関わる工事協力業者を選び、着工前に工事の内容を伝えることや、現場やその周辺の状況を調査し、把握すること、解体や掘削等により現場で発生する資材の抑制・再利用・再資源化も計画し、廃棄物が出る場合の運搬場所も予め決めておきます。

求められている品質や、地方自治体によって定められた品質基準に沿ったものが作れるように管理すること。

原価管理とは、1つの工事に人件費や材料費の原価計算、工程通り工事が進むよう管理をすることです。
毎月の経費計算の業務も原価管理に含まれています。

建築施工管理技士は、作業員やその周辺の人々が怪我なく安全に工事が進むように現場に出入りする作業員への安全教育や、書類提出による健康管理、工事における危険予知とその周知、安全パトロール、使用する機器の安全性チェック等、建設現場における全ての安全の管理も行っています。

建築施工管理技士になる方法

建築施工管理技士になる方法をご紹介していきます。

■試験をクリアする

建築施工管理技士になるには、建設業振興基金が行っている試験に合格しなければなりません。

■建設系の企業で実務経験を積む

建築施工管理技士の2級の試験を受ける条件として、学校を卒業後1年以上の実務経験が必要になります。

その為、最短で建築施工管理技士の資格を取るためには、まずは学校を卒業した後に建築系の企業へ就職し、1年の間、技術者として実務経験を積みながら試験勉強を行い建築施工管理技士の資格取得を目指すのが一般的です。

施工管理技士のおすすめ派遣会社

Виктория Бородинова

施工管理技士のおすすめ派遣会社をご紹介していきます。

■テクノプロ・コンストラクション

残業の少なさ、有給休暇の取りやすさ、上乗せ労災保険や退職金制度など、一部上場企業ならではの頼れるバックグラウンドが安心を後押しします。

  • 1
  • 2