不動産担保ローンは事業資金に活用可能なのか?

不動産担保ローンは事業資金に活用可能なのかどうかを調べてみました。

FC2USER522962SYS さん

3 PV

不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンの特徴をまとめました。

■不動産担保ローンとは

不動産担保ローンは、自分が保有している「不動産」を担保に入れ、融資を受けることができるローンのこと。

■まとまった金額の融資が受けられる

担保となる不動産の価値を審査において反映させていただきますので、短期間でまとまった資金の調達が可能となります。ご自身だけではなく、ご家族の保有する不動産もご活用いただくことが可能です。

■無担保融資と比べて低金利

ご利用の際には不動産という安定した担保を基にお取引させていただくため、無担保ローンの場合と比較して、低金利でのご融資が可能となります。

■不動産担保ローンに使用できる担保の種類

一般的に、不動産は土地や建物、マンションなどを指しますが、お金を融資する金融機関によっては、別荘などを担保にすることもできます。

お金を借りる本人の名義の不動産に限定している金融機関もあれば、両親や配偶者といった家族が所有している他人名義の不動産、あるいは、法人が所有している法人名義の不動産を担保にできるところもあります。

事業資金の基礎知識

事業資金とはどのようなものなのでしょうか?

事業資金の基礎知識をご紹介していきます。

■事業資金とは

事業資金とは、事業を立ち上げるたり、事業を運営するために必要となる経費のことです。
例えば個人で飲食店を新規オープンする場合、店舗物件の取得費用、取得した物件の内外装工事費、調理器具や備品などの購入費、従業員の募集費用、広告宣伝費、原材料の仕入れ費用などが、事業資金に含まれます。

■事業資金の種類

事業資金は大きく分けて3種類あります。

1つ目が「開業資金」です。これは、事業を開業するために必要な資金全般の事になります。

2つ目が、「設備資金」です。必要な設備への初期投資費用がこれにあたります。

3つ目が、「運転資金」です。経営を続けていく上で必要となる資金になります。

事業資金のための不動産担保ローン会社の選び方

事業資金のための不動産担保ローン会社の選び方をご紹介していきます。

■審査や融資スピードの速さ

審査期間は業者によって異なりますが、ジェイ・エフ・シーは最短2日で対応してくれます。
特に融資額との兼ね合いでは市場価値で査定していて、比較的条件をクリアしやすい傾向があります。
ローン会社によっては公示価格で評価されてしまい、その場合は同じ物件でも厳しい評価となるわけです。

  • 1
  • 2