千葉でおすすめの通信制高校や通うメリットについて

高校の中でも通信で教育を受けられるのが、通信制高校です。通信制高校は千葉にもあり、通わずに高校教育を受けられます。通信制高校を卒業しても、高卒卒業資格を得られます。千葉の通信制高校ならば、どこが良いのでしょうか?

FC2USER392529UOK さん

7 PV

通信制高校に通うメリット

通信で高校教育を受けられる通信制高校には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

■登校日が少ない

通信制高校は全日制高校に比べて登校日が少ないので、勉強しながら自分の自由時間が十分に確保できることが大きなメリットになります。通信制高校に通いながら専門学校や予備校にも籍を置くようなダブルスクール、トリプルスクールをこなしている生徒も珍しくありません。

■学費が安い

公立の通信制高校では、世帯収入次第で3年間通っても10万円ほどで卒業することができます。
私立の通信制高校は、学べる内容やカウンセラーの有無などに変わりますが、年間30万円~90万円程度費用がかかってきます。

■自分のペースで勉強できる

最近では授業はインターネットを介したeラーニング等で行われ、好きな時に映像を見れば良いというシステムになっていることも少なくありません。レポート提出も以前は郵送でしたが、現在はネットで簡単に送信できるようになっています。

通信制高校の選び方

通信制高校はいくつもあり、その中からどのように自分が授業を受ける学校を選べばいいのでしょうか?

■学費を比べる

通信制高校の学費で差が出てくる主なポイントは上記がありますが、最も大きな差となるのが、「私立か公立か」の部分です。
全日制同様、通信制高校も公立に比べて私立の通信制高校の方が授業料は割高となります。 公立の学費は3年間で10万円程度。私立では3年間で40万円~100万円程度の費用がかかってきます。

週何日通学するのか?年間で何日通学するのは?通学の頻度も、通信制高校を選ぶ際にはとても重要な要素になってきます。
通学型の通信制高校でも、通信型の通信制高校の場合でも、 ネット高校以外は、最低年間で数日間は学校に通学しないといけません。
この通学日数が自分の性格やライフスタイルと合っているかどうかは、通信制高校を最短期間で卒業できるかどうかに大きく関わります。

■公立と私立

公立は学費が安い、スクーリングの日数が少ないなどのメリットがありますが、私立ほどの手厚いサポートはありません。そのため、自分の意志できちんと学習できる人が向いています。
一方、私立は個人指導や少人数授業などを行って、学習でつまずかないようにサポートをしてくれます。クラブ活動なども多いので、高校生活を楽しめるというメリットがあります。

■学校の専門性

通信制高校を選ぶ際、高校がたくさんある為迷うと思います。ただ通信制高校の特色を大きく分けると
1、進学に強い
2、専門性に特化した高校
3、カウンセリングに力を入れている高校
4、その他(就職に強い等) の4つに分けられます。

千葉でおすすめの通信制高校とは?

千葉県にある通信制高校の中から、おすすめの学校をご紹介します。

■興学社高等学院

授業は自由に選べて、小・中学校の基礎から学習をサポート。生徒が自主的に通いたくなる理由がある学校だからこそ、週5日の通学を目標にしています。

■N高等学校(千葉キャンパス)

N高等学校は、インターネットと通信制高校の制度を活用した新しい高校です。そのため、高校卒業のための学習にかかる拘束時間を最小限にとどめる事ができます。だから自らが学びたい事に多くの時間を充てる事ができます。

■飛鳥未来高等学校(千葉キャンパス)

飛鳥未来高等学校(千葉キャンパス)は自分らしく、夢に向かって羽ばたける力を身につける事が出来る単位制・通信制の高校です。飛鳥未来高等学校(千葉キャンパス)は専門学校の施設も含め、図書室・PCルーム・プール・トレーニングルームなど施設の充実を図った新しいタイプの通信制高校になります。

  • 1
  • 2