テープ起こしってどんな仕事?おすすめの会社もご紹介

テープ起こしの業務内容やおすすめの会社をご紹介します。

FC2USER522962SYS さん

5 PV

テープ起こしの基本的な情報

まずはテープ起こしがどのような物なのかを簡単にご紹介していきます。

■テープ起こしとは?

テープ起こし(テープおこし)または音声反訳(おんせいはんやく)とは、講演・会議・座談などで録音された人の言葉を聴き取り、その内容を文章に直す作業である。

■テープレコーダーは使用しない

今ではテープレコーダーを使用する案件は少なく、大半がICレコーダーなどに録音されたデジタルデータをパソコンに取り組んで作業を行います。

■実際にどんな物に使われているのか?

テープ起こしは講演会・セミナー・会議・シンポジウム・株主総会・裁判・インタビューなど様々な物に使われています

この他にも、雑誌などのインタビューや対談の記事も実は文字起こしされています。

テープ起こしを依頼する際の会社の選び方

テープ起こしを依頼する際の会社の選び方をご紹介します。

■料金の算出方法

1分間〇円か、1文字〇円か、の算出方法も決め手になります。

時間と字数のどちらで算出するサービスがよいかは見積をとるなどして比較し、場合に応じて使い分けるとよいでしょう。

■納品までのスピード

議事録など、内容が古くなってしまっては価値がありません。すぐ使いたいケースも多いでしょうし、納期がどのくらいか、納期が分かりやすいかどうか、といった点は重要です。早いものでは3時間納品といったサービスもあります。

■信頼度の高さ

会議など重要な情報が含まれているデータを依頼するような場合には、セキュリティ面も重要視しなければいけません。

値段だけで選んでしまうと情報漏洩のリスクが高くなってえしまうからです。

プライバシーマークの有無や作業後のデータの削除など徹底している所を選ぶようにしましょう。

おすすめのテープ起こし会社

おすすめのテープ起こし会社をご紹介します。

■ボイテックス

テープ起こし会社としてはとても珍しく、費用の計算は文字数で行います。
会話量が少なければその分費用を抑えられるでしょう。空白時間が無駄になりません。

  • 1
  • 2